Appleより「Safari 3.1(525.13)」がリリース、各種パフォーマンスの向上 etc...

Appleより米国時間18日、同社によるWebブラウザ「Safari」の最新版に相当する「Safari 3.1(525.13)」がリリースされ、各種パフォーマンスの向上等が行われています。 Appleによる現行Webブラウザ「Safari 3」の最新版としてADC(Apple Developer Connection)を通じたインターナルビルドの配布等が行われていた「Safari 3.1」に、米国時間18日付にて正式版に相当する「Safari 3.1(525.13)」がリリース。現在Appleによる公式ダウンロードページ、及び「Software Update」「Apple Software Update」を通じてMac OS X、Windowsを対象としたバイナリパッケージが入手可能となっています(Mac OS X 10.5 Leopard版:約39MB)。

この度リリースされた「Safari 3.1(525.13)」における主な特徴として、
  • ページ読み込みにおいて「Internet Explorer 7」との比較にて約1.9倍、「Firefox 2」との比較にて約1.7倍高速
  • JavaScriptパフォーマンスにおいて他ブラウザとの比較にて最大6倍高速
  • 「HTML 5」における新たなビデオ、オーディオ関連のエレメントをサポート
  • CSSアニメーションのサポートを追加
  • 安定性、及び互換性等の改善
等が挙げられている他、主なシステム要件として以下の項目等が示されています。

Mac OS X

  • Mac OS X 10.5.2
  • Mac OS X 10.4.11
  • 256MB以上のRAM容量
  • 各種Intelプロセッサ、或いはPowerPC G5/G4/G3プロセッサを搭載したMacintoshコンピュータ

Windows

  • Windows Vista
  • Windows XP
  • 256MB以上のRAM容量
  • 「Intel Pentium」プロセッサ500MHz以上
また、同梱されているセキュリティアップデート(Safari 3.1)にはCVE(Common Vulnerabilities and Exposures)による分類にて13件の修正項目が示されており、悪質なWebサイトを訪問した際に「XSS(Cross Site Scripting、クロスサイトスクリプティング)」等が引き起こされ得たとされる脆弱性(Safari、CVE-2008-1001)の修正等が行われていると伝えられています。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック