Parallelsより「Parallels Server 3.0 Beta 2 Build 1709.47666」がリリース

Parallels(旧SWsoft)より米国時間5日、開発過程にある同社によるサーバ仮想化ソフトウェア「Parallels Server」の最新Beta版に相当する「Parallels Server 3.0 Beta 2 Build 1709.47666」がリリースされています。 OS仮想化を実現するエンタープライズサーバ仮想化ソフトウェア「Parallels Virtuozzo Containers(旧称「Virtuozzo」)」共々、リブランドされたParallelsによるサーバ仮想化ソリューションの中核を担うべき存在としても期待が高まる「Parallels Server」。1月上旬にはFirst Betaに相当する「Beta 1 Build 1436.41720」がリリースされていますが、この度米国時間5日付にて開発過程にある同仮想化ソフトウェアの最新Beta版に相当する「Parallels Server 3.0 Beta 2 Build 1709.47666」がリリースされ、現在Parallelsによる公式ダウンロードページを通じてMac OS X、Windows、Linuxを対象としたバイナリパッケージ、及びヘッドレスモードにて利用可能な「Bare Metal」インストレーション(Bare Metal Hypervisor)が各々入手可能となっています(Mac OS X版「Parallels Server for Mac OS X」:約83MB)。

この度リリースされた「Parallels Server 3.0 Beta 2 Build 1709.47666」における主な特徴として以下の項目等が示されています(現段階における主な特徴となります)。
  • ホストOS、ゲストOSの何れに対しても64bit OS(x64)をフルサポート
  • 仮想マシンにおいて4wayの「Virtual SMP(Virtual Symmetric Multiprocessor、対称型マルチプロセッサ)」をサポート
  • 「Parallels Tools」、仮想マシンバックアップ、及びP2V(Physical to Virtual)、V2V(Virtual to Virtual)マイグレーションツール「Parallels Server Transporter」等を含む各種ツールセットとの統合
  • GUIベースのマルチサーバマネジメントツール「Parallels Management Console」の実装(同コンソールを通じて各種仮想マシンのリモートコントロールが可能)
  • 「Intel VT-d(Intel Virtualization Technology for Directed I/O)」に対する試験的な対応(現時点ではWindows版のみを対象)
  • 「Intel VT-x(Intel Virtualization Technology for IA-32 Processors)」「AMD-V(AMD Virtualization)」のフルサポート
  • サードパーティベンダへの推進等が主目的とされるOpen API、SDK(Software Development Kit)等の提供
  • コマンドラインインターフェイス(Parallelsコマンドラインツール)、及びスクリプティングのサポート
  • 仮想マシンにおいて「ACPI(Advanced Configuration and Power Interface)」Shutdown(シャットダウン)、Sleep(スリープ)をサポート
「Parallels Server for Mac OS X」における主なシステム要件として以下の項目等が示されています(オペレーティングシステムは何れもホストOSとしてのシステム要件となります)。
  • Intelベース「Xserve」、各種IntelベースMacintosh
  • 1GB以上のRAM容量(2GB以上を推奨)
  • 「Parallels Server for Mac OS X」のインストールに必要な40.5MB以上のHDD空き容量(ゲストOSにおける各種リソース等に必要な15GB以上のHDD空き容量)
  • オプティカルドライブ
  • Ethernet、或いはFireWireネットワークアダプタ
  • Mac OS X Server 10.5.1 or later
  • Mac OS X 10.5.1 or later
  • Mac OS X Server 10.4.11
  • Mac OS X 10.4.11
※Linux版において利用可能なホストOSは、現時点(Beta 2 Build 1709.47666)では「RHEL 5.x(Red Hat Enterprise Linux 5.x)」「CentOS 5.x」「Ubuntu 7.10」に限定されています。

尚、現時点ではゲストOSとしての「Mac OS X Server 10.5 Leopard」、及びUSBの利用等は未サポートとなっています(Mac OS X版におけるゲストOSとしての「Mac OS X Server 10.5 Leopard」の利用は「next beta」との見解が示されています)。
「Parallels Server 3.0 Beta 2 Build 1709.47666」における「Virtual SMP」。最大4コア(4way)まで割当可能
↑「Parallels Server 3.0 Beta 2 Build 1709.47666」における「Virtual SMP」。最大4コア(4way)まで割当可能(クリックで拡大します)


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック