次世代DVDの標準規格、MicrosoftとIntelはHD DVD支持へ

次世代DVDの標準規格に関する抗争で、MicrosoftとIntelのいわゆる「ウィンテル」連合がHD DVDを支持する事を正式に表明し、次期Windows「Windows Vista」では標準でHD DVDのみをサポートする計画も取りざたされているようです(IntelとMicrosoft、HD DVD支持を表明)。

これまでHD DVDは、
  • 「東芝」「NEC」「三洋電機」etc...(一般大衆受けグループ)
Blu-rayは、
  • 「SONY」「Dell」「HP」「Apple」「Sun Microsystems」etc...(マニア受けグループ)
※カッコ内は私の勝手なイメージです

が支持を表明しており、両者の争いは技術的にもほぼ拮抗した状況を保っていたようですが、今回の「ウィンテル連合」の表明は大きな動きをもたらすかも知れません。汎用性という面でややHD DVDに分があるような気もしますが、コンテンツ業界はBlu-ray支持が多いようです。

尤もユーザー側としてみれば統一規格の制定が最も望まれるところですが、両陣営とも「統一規格が最良と考える」としながらも、実現する気配が見えないのはよくある事か。少なくとも規格の並立によるユーザサイドの不利益だけは避けて欲しいところですね。

それにしてもSONYはこの手の抗争に弱い気がするのは私だけでしょうか。(今回負けたと決まった訳ではないですが)


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック