Appleより「Mac OS X 10.5.1」がリリース、「Time Machine」「Finder」に関連した修正等を包含

Appleより米国時間15日、同社による現行オペレーティングシステム「Mac OS X 10.5 Leopard」における最新アップデート「Mac OS X 10.5.1」がリリースされ、「Time Machine」「Finder」に関連した修正等が行われています。 先月26日に正式リリースを迎えたAppleによる現行オペレーティングシステム「Mac OS X 10.5 Leopard」に向けたファーストアップデートとして今月上旬よりその存在が囁かれ始めている「Mac OS X 10.5.1」。今週に入り相次ぐプレリリースビルドの配布等も伝えられていましたが、この度米国時間15日付にて同オペレーティングシステムの正式版「Mac OS X 10.5.1 Build 9B18」がリリースされ、現在Appleによる公式ダウンロードページ、及び「Software Update」を通じて入手可能となっています(dmg:約110MB)。

この度リリースされた「Mac OS X 10.5.1」では、カーネルバージョンが「xnu-1228.0.2/Darwin 9.1.0」にアップデートされている他、主な変更点として以下の項目等が示されています。

AirPort(AirMac)

  • 「AirPort Disk」におけるパスワードプロテクトされたアカウントが「Finder」における「Shared(共有)」サイドバーに適切に表示されないケースが生じ得た不具合を修正
  • ワイヤレスネットワークにおけるパスワード保存に関連した不具合を修正

Back to My Mac

  • 「Finder」における「Shared」サイドバーに「Back to My Mac」が有効化されたコンピュータを表示する際の信頼性改善
  • D-Link NAT(Network Address Translation)ゲートウェイに関する互換性改善

Disk Utility(ディスクユーティリティ)

  • 「Disk Utility(ディスクユーティリティ、/Aplication/Utilities/Disk Utility.app)」パーミッション修復時におけるプログレスバーの機能性を修復
  • 「Disk Utility」或いは「Terminal(ターミナル、/Aplication/Utilities/Terminal.app)」を用いたディスクイメージ作成時におけるアラートのハンドリングを修正
  • 「Multiple RAID」セットが同一のディスクにおいて作成された際のディスクパーティショニングを改善

iCal

  • E-Mailを通じて「iCal Alarm」の通知を行う際の信頼性改善
  • 「CalDAV」アカウントを通じてイベント出席者を招待する際に確認されていた問題を解決

Mail

  • メッセージビューアにおけるカラムリサイズ時、或いはE-Mailメッセージにおける「Stationery」テンプレート切替時における安定性を改善
  • HTMLリンクに含まれるアタッチメントがE-Mailメッセージにおいてクリックする事ができないケースが生じ得た問題を解決
  • 「Simple Setup」を用いて追加したE-Mailアカウント使用時に、SMTPコネクションのエラーに起因してメッセージの送信が適切に行えなかった問題を修正
  • 「.Mac Sync」利用時における「Smart Mailbox(スマートメールボックス)」との互換性を改善
  • 「Smart Mailbox」使用時に「To Do」が適切に表示されないケースが生じ得た問題を解決
  • 「.Mac」を用いてメールアカウントの同期を行った際に「Mailbox」ペインに複数の「On My Mac」フォルダが現れ得た問題を解決

ネットワーク

  • 「SMB(Server Message Block)」を通じて接続を行った際に「Microsoft Windows」における共有フォルダが読み込み専用となり得た問題を解決

セキュリティ、及びファイアウォール

  • サードパーティアプリケーションが「Application Firewall」に含まれている際、或いは「System Preferences」>「Parental Controls」においてホワイトリストとして登録されている際に、当該機能が適切に機能すべくした修正を適用
  • 「System Preferences」>「Security」>「Firewall」における「Block All」オプションが「Allow Only essential services」に改称(CVE-2007-4702)

システム、及び「Finder」

  • 「Finder」においてパーティションを跨いだファイルの移動を行った際に、当該データが消失し得るケースが確認されていた不具合を修正
  • 特定のユーザアカウントに対して「FileVault」の無効化を行った後に確認されていたログイン関連の不具合を修正
  • 「.Mac Web Gallery」及び特定のWebサイト、アプリケーションによって使用される「Adobe Flash」ベースのアップローダに対する互換性を改善
  • 特定の「Adobe Flash」ベースのWebサイト、及びアプリケーション利用時に確認されていたテキスト描画に関する問題を解決

Time Machine

  • 特定のドライブにおいて確認されていたフォーマット関連の問題を解決(特に512GB以上のシングルパーティション「Master Boot Record(MBR、マスターブートレコード)」ドライブ、及びサイズ、パーティションスキームの如何を問わずした「NTFS(NT File System)」ドライブ)
  • 「Time Machine」を用いてリストアしたファイルが、以前に属していたフォルダではなくバックアップ階層にリストアされるケースが生じ得た問題を解決
また、同梱されているセキュリティアップデート(Mac OS X 10.5.1)にはCVE(Common Vulnerabilities and Exposures)による分類にて3件の修正項目が示されており、「Application Firewall」に対する設定変更が、リスタート前に「launchd」によって開始されたプロセスに影響を受けるケースが生じ得たとされる脆弱性(CVE-2007-4704)の修正等が行われていると伝えられています。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

Mac OSX10.5.1リリース
Excerpt: Mac OSX Leopardの10.5.1がリリースされましたね。 今回のアップデートでは、ことえりや、タイムマシーンやFinderなどのバグが修正されたようです。 同じく、10.4.11もリリー..
Weblog: 日々是電脳空間
Tracked: 2007-11-16 23:45