Appleより「Mac OS X 10.4.11」がリリース、「VMware Fusion」利用時における信頼性改善、「Safari 3」の同梱 etc...

Appleより米国時間14日、同社による前世代オペレーティングシステム「Mac OS X 10.4 Tiger」における最新アップデート「Mac OS X 10.4.11」がリリースされ、VMwareによるMac OS Xベースの仮想化ソフトウェア「VMware Fusion」利用時における信頼性改善、及びAppleによるWebブラウザ「Safari 3」のバンドル等が行われています。 Appleによる前世代オペレーティングシステム「Mac OS X 10.4 Tiger」に対する更なるアップデートとして7月下旬よりその存在が囁かれ始め、9月中旬から10月下旬にかけて相次ぐプレリリースビルドの配布が伝えられていた「Mac OS X 10.4.11」。「Mac OS X 10.5 Leopard」と時を同じくしたリリースが期待されながらも、今日まで正式なアナウンスが発せられるには至っていませんでしたが、この度米国時間14日付にて同オペレーティングシステムの正式版「Mac OS X 10.4.11 Build 8S2167(Intel)」「Mac OS X 10.4.11 Build 8S167(Power PC)」がリリースされ、現在「Apple - Support - Downloads」を起点とした各種ダウンロードページ、及び「Software Update」経由にて「Delta」「Combo」アップデートが各々入手可能となっています(Intel Delta:約128MB、Power PC Delta:約67.9MB)。

この度リリースされた「Mac OS X 10.4.11」では、カーネルバージョンが「xnu-792.25.20/Darwin 8.11.1(Intel)」「xnu-792.24.17/Darwin 8.11.0(Power PC)」に各々アップデートされている他、主な変更点として以下の項目等が示されています。
  • AppleによるWebブラウザ「Safari」の最新版に相当する「Safari 3」を同梱。「Mac OS X 10.5 Leopard」にアップグレードせずして同Webブラウザが利用可能に(Intel、Powar PC)
  • 新たに「Panasonic Lumix DMC-FZ50」「Leica V-Lux 1」「Olympus E-400」「Olympus EVOLT E410」「Olympus EVOLT E510」「Canon EOS 40D」に対するRAWイメージデコーディングサポートを追加(Intel、Powar PC)
  • 「QuarkExpress」利用時における「OpenType」フォントとの互換性改善(Intel、Powar PC)
  • VMwareによるMac OS Xベースの仮想化ソフトウェア「VMware Fusion」動作時における信頼性改善(Intel)
  • 「iPhone」にて撮影した画像を「Image Capture」を用いて適切にインポート可能に(Intel、Powar PC)
  • 「iPhone」「Yahoo! Address Books(Yahoo!アドレスブック)」間において適切に同期が行えなかった不具合を修正(Intel、Powar PC)
  • 「Mac OS 9」におけるAFP(Apple Filing Protocol)共有ポイントからのファイルコピー時に確認されていた不具合の解決(Intel、Powar PC)
  • Appleによるインスタントネットワーキングテクノロジ「Bonjour」を通じてAFP共有ポイントにアドバタイズを行った際の信頼性改善(Intel、Powar PC)
  • 「Internet Sharing(インターネット共有)」有効時にポートマッピングの使用が妨げられ得た問題を解決(Intel、Powar PC)
  • 「Kerberos」を用いてAFP共有に対する認証を行った際の信頼性改善(Intel)
  • サードパーティ製WWAN(Wireless Wide Area Network)デバイスに対する互換性改善(Intel)
  • 外部USBハードドライブマウント時における信頼性改善(Intel)
  • 「Microsoft Presenter Mouse 8000」(Bluetooth)に対するサポートを追加(Intel、Powar PC)
  • オーストラリア、ニュージーランド、インディアナにおけるユーザを対象としたDST(Daylight Saving Time、夏時間)インフォメーションのアップデートを包含(Intel、Powar PC)
  • Appleによるポストプロダクションツール「Aperture」におけるスライドショーコントロール時に「Aluminum Apple Keyboard(2007)」のスペシャルキーが利用可能に(Intel、Powar PC)
  • 英語以外のロケールが選択された環境において、一部のアプリケーションにおけるヘルプコンテンツが英語で表示され得た問題を解決(Intel)
  • 特定のApple Dashboard Widgets(「Unit Converter」「Calculator」「Stocks」)に確認されていた不具合を修正(Intel、Powar PC)
  • 以前に単体で実施されたセキュリティアップデート(Intel、Powar PC)
  • And many others...
また、同梱されているセキュリティアップデート(Mac OS X 10.4.11)にはCVE(Common Vulnerabilities and Exposures)による分類にて41件の修正項目が示されており、「Kerberos Administration Daemon」有効時にDoS(Denial of Service)攻撃、或いは任意のコードの実行が誘発され得た脆弱性(CVE-2007-3999、CVE-2007-4743)の修正等が行われていると伝えられています(「Mac OS X 10.3.9」に対しては別途「Security Update 2007-008(10.3.9 Client)」が提供されています)。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック