Podcasting(ポッドキャスティング)とiTunesに要注目!

Apple Store Ginzaにおいて2005年8月3日、「Podcasting(ポッドキャスティング)」をテーマとしたワークショップが開かれていたので、足を運んできました。

平日の12時からの開催でしたが、会場となった3Fのシアターは 7割近くまで埋まっていました。土地柄、お昼休みに足を運んだ人もいたかも知れませんが、注目度が高いですね。30分位のワークショップではありましたが、皆が真剣に見入っていました。

「Podcasting(ポッドキャスティング)」とは「iPod」と「broadcasting」を足して造った造語でして、2003年に原型が生まれ、2004年からアメリカのBlogサイトを中心に広まりを見せており、簡単に言ってしまうと「RSS2.0の技術を使ってWebの代わりに音声や映像を配信してしまおうとするもの」です。ブックマークを登録しておくと、後は自動的に配信されてくるような設定にする事もできるので(新聞みたいなものか)、使い方次第ではリアルタイム性に欠けるかも知れませんが、iPodとシンクさせて好きな時に好きな場所でコンテンツを聴く事ができる、まさに「オンデマンドラジオ放送」を実現したといえるでしょう。「リアルタイム性が無い」というのを「タイムシフトして聴く事ができる」と置換えて考えれば、通常のラジオ放送より聴取率を取り易いというメリットも生まれてきます。

新型のiPodで対応を謳っていますが、MP3やAACで配信されてくるのでiPod miniやiPod shuffleでも聴く事ができます。とゆうかMP3で落してしまえば、他社製のプレーヤーでも聴く事ができるんですね。なお、iTunes4.9を使えば映像コンテンツも視聴可能(MPEG4推奨)。幅広い可能性を秘めた技術といえるでしょう。堀江社長あたりはかなり力を入れているらしく、「livedoorネットラジオ / ねとらじ」なんていう名称でPodcasting(ポッドキャスティング)とライブストリーミングを配信してます。まさに「インターネットと既存のメディアの融合」ですか。ラジオの在り方も大きく変ってくるのでしょう。

ちなみにRSSを使っているという事は当然個人のBlogでも手の届く範囲にあるわけで、こちらのseesaaブログ様では既に対応済みとなっています。尚、現状ではiTunesを使うのが最もシームレスにPodcastingと連携できそうです。Windows版もある訳ですし。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック