Mac OS X環境で試すAdobe製RIAランタイムエンジン「Adobe AIR」(旧Adobe Apollo)~サンプルアプリケーションを用いた「AIR」の世界の簡易体現~

Webサイト「Mac OS Xを使ってみよう!」において、Adobe製RIAランタイムエンジン「Adobe AIR(Adobe Integrated Runtime)」(旧Adobe Apollo)に関するコラムの2回目を下記Linkより公開致しました。 Adobe Systems製RIAランタイムエンジン「Adobe AIR(Adobe Integrated Runtime)」(旧Adobe Apollo)に関する2回目となる今回は、米国時間6月11日付にてリリースされたPublic Beta(Adobe AIR Beta)をベースとしてサンプルアプリケーション「Maptacular」(「Google Maps」ベースのAIRアプリケーション)を試しつつ、Adobe AIRの今後の展望等を含めた形で纏めております。また、Alpha版(Adobe Apollo 1.0 Alpha 1)がインストールされた環境における「Adobe AIR Beta」インストール時の注意点等も併せて紹介しておりますので、宜しければ上記Linkからコラムの方も御参照下さい。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック