アシスト、OpenLogicとの戦略的提携を発表、日本市場においてオープンソースソフトウェア利用支援サービスを提供へ

アシストより29日、米OpenLogicとの戦略的提携が発表されると共に、OpenLogicが米国にて展開するオープンソースソフトウェア利用支援サービスの日本市場における提供予定が発表されています。 社内通常業務用途における標準オフィススイートを「Microsoft Office」から「OpenOffice.org」へ全面的に移行する等、オープンソースに対する柔軟な姿勢が印象的なアシストより、この度29日付にてOpenLogic(米国オープンソースソリューションベンダ)との戦略的提携、及び同社が米国にて展開するオープンソースソフトウェア利用支援サービスの日本市場における提供予定等が発表されています。

冒頭Linkのプレスリリースを通じて、この度提供予定とされる支援サービスが以下の通りに示されています。
  • OpenLogicによりバージョン毎に検証、及び品質保証等が行われた数百種のオープンソースソフトウェアコンポーネントを含む各種認証ライブラリの提供、サポート
  • 最新パッチ、及びリリース等を通知可能なオープンアップデートサービス
  • オープンソースポリシの策定やオープンソースの統合、構成、実装プロセス等を自動化する「OpenLogic Enterprise」の提供
尚、アシストからは11日付のリリースにて、OpenOffice.orgを対象とした導入、研修、ヘルプデスク、アセスメント等の各種総合支援サービス「OpenOffice.org支援サービス」の提供開始予定(6月1日より)も発表されています。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック