Mac OS X環境で試すAdobe製RIAランタイムエンジン「Adobe Apollo」~概要からランタイム、サンプルアプリケーションのインストール等~

Webサイト「Mac OS Xを使ってみよう!」において、Adobe製RIAランタイムエンジン「Adobe Apollo」に関して紹介したコラムを下記Linkより公開しました。 Webアプリケーションにおける次世代サービスプラットフォームとしてAdobe Systemsより提供されているRIA(Rich Internet Applications)ランタイムエンジン「Adobe Apollo」(コードネーム)。各方面より多大な期待と関心を集める同ランタイムエンジンに関して、米国時間3月19日付にてリリースされたFirst Public Alphaを用いたMac OS X環境におけるファーストインプレッション等を今回から数回に渡って採り上げてみたいと思います。

第1回目に相当する今回は、テクノロジの概要、及びアプリケーションランタイム、サンプルアプリケーションにおけるインストールプロセス等を採り上げておりますので、宜しければ上記Linkからコラムの方も御参照下さい。尚、次回はサンプルアプリケーション(Maptacular)を試しつつ、Apolloの世界の入り口を簡易的に覗いてみたいと考えております。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック