アドビより「Adobe Creative Suite 3」日本語版が発表

アドビシステムズより8日、「Adobe Creative Suite 3」日本語版における各種パッケージ製品、及び単体アプリケーション等の発表が行われています。 「Adobe25年間の歴史における最大のソフトウェアリリース」と銘打たれ、Mac OS XユーザにとってはUniversal Binaryとしてもそのリリースが待望されていた「Adobe Creative Suite 3」。米国市場においては4月16日(現地時間)より出荷開始が確認されていますが、この度8日付にて日本語版における各種パッケージ製品、及び単体アプリケーション等が、アドビより冒頭Linkのプレスリリース等を通じて発表されています。

Creative Suite 3ファミリにおける出荷予定、価格等が以下の通りに示されています。
  • Adobe Creative CS3 Master Collection:398,000円(本体価格379,048円)6月下旬出荷開始予定
  • Adobe Creative CS3 Design Premium:298,000円(本体価格283,810円)6月下旬出荷開始予定
  • Adobe Creative CS3 Design Standard:198,000円(本体価格188,572円)6月下旬出荷開始予定
  • Adobe Creative CS3 Web Premium:226,000円(本体価格215,239円)6月下旬出荷開始予定
  • Adobe Creative CS3 Web Standard:126,000円(本体価格120,000円)6月下旬出荷開始予定
  • Adobe Creative CS3 Production Premium:261,000円(本体価格248,572円)7月中旬出荷開始予定
その他、単体アプリケーションを含めた各種プロダクト、及び「アップグレード版」「特別提供版」等の詳細等が冒頭Link2段目「Adobe - プレスルーム」を起点とした各プレスリリースにおいて確認可能となっている他、各Creative Suiteにおける製品構成等は英語版発表時のエントリにて纏めておりますので宜しければ御参照下さい。 また、アップグレードポリシーに関するサポートドキュメントも改めて公開されています。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック