「Parallels Desktop for Mac」日本語版(Build 1940、Build 1984)における「Mac OS X 10.4.9」との互換性問題

プロトンより5日、「Parallels Desktop for Mac」日本語版(Build 1940、Build 1984)における「Mac OS X 10.4.9」との互換性問題に言及したサポートドキュメントが公開されています。 Parallels Software Internationalより提供されているオリジナルバージョン(英語版)では「Build 3188」が提供されるに至っているParallels Desktop for Macですが、プロトンより販売提供(ローカライズ)されている日本語版(Build 1940、Build 1984)において、Mac OS X 10.4.9との互換性問題が確認されたとして、同社Webサイトにて当該サポートドキュメントが公開されています。

この度の問題に直面されている方は、冒頭Linkより直接サポートドキュメントを御覧頂く事をお勧め致しますが、先月中旬にリリースされたMac OS X 10.4.9においてParallels Desktop for Mac 日本語版(Build 1940、Build 1984)を動作させた際に、プロトンが独自の調査を行った結果として、以下のような問題が確認されていると伝えられています。

USBストレージデバイスを仮想マシンに接続した際に、以下のようなメッセージが表示され、当該デバイスを接続する事ができない 上記問題は、現在プロトンより販売提供されているParallels Desktop for Mac 日本語版(Build 1940、Build 1984)において「Mac OS X 10.4.9 Update」適用後に「/System/Library/Extensions/IOUSBMassStrageClass.kext」が更新(Ver.1.4.5→Ver.1.4.7)される事に起因して発生し得るとの事。この問題に対する回避策の一つとして、プロトンから制限付(機能的な制限はなし。サポート、マニュアル、ヘルプ関連における制限)ベータ版の配布が行われているようです。

※配布されるベータ版に関する制限事項、注意点等の詳細が冒頭Linkのサポートページより確認可能となっています。

尚、同ベータ版は、この度確認された問題を回避するためにのみ提供されると伝えられており、Mac OS X 10.4.9 Updateを適用しない、或いはUSBデバイスにおける当該問題が確認されていないユーザの方に対しては、日本語版における現行ビルド(Build 1984)の使用が推奨されています。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック