.MacのVirex、開発終了に伴いサービス提供終了か?

ここ数日、会社のネットワークトラブルで疲労困憊ではありますが、「Virex for .Mac」のサービス提供終了が示唆されているようですので、記事として採り上げてみたいと思います。

以下に、漏れ伝わる現状を簡単に纏めてみます。

  • McAfeeは、Virexの「Mac OS X 10.4 Tiger」対応版の開発は行わない(Mac OSプラットフォームからの撤退か?)。
  • 現行GA版に対するウイルス定義ファイル(パターンファイル)のアップデートは、2006年4月まで
  • .Macアカウントのメールアドレスに送信されたE-mail は、サーバー側で自動的にウィルスチェックが行われる予定(Mac OSに影響の無いウィルスも含む)etc…

全く寝耳に水の話で、幾つか疑問点が沸いてきます。

  • 代替えとなるセキュリティソリューションの提供は無いのか?
  • 開発サイド(McAfee)の問題なので仕方のない面もありますが、.Macのアピールポイントの一つとして提供されてきた製品なだけに、メンバーに対しは 公式なアナウンスが発せられるべきではないか?

現状では Mac OS Xを使用している限り、ウィルスとは殆ど無縁のコンピュータライフを送る事も不可能ではありませんが、それはあくまでも「シェアが低い(ユーザが少ない)ために標的として狙われにくい(ウィルス作者が手間隙かけてウィルスを作成しても、労力に見合うだけの成果が得られない)」という環境が大きな要因を占めているのは事実です。Swichキャンペーンや、コンシューマ向けラインアップの拡充でシェアの拡大に尽力するのであれば、ウイルス対策には 今のうちに投資して対策を用意しておかないと、いざ狙われ始めてからでは明らかに手遅れです。

私自身は、開発が終了した、或いは終了が告知されたアプリケーションは、如何に優れていても その時点で見切りを付けてしまう事が多いのですが、かといって他に有力な選択肢が無いのも事実。OSの細かいリビジョンアップにシビアであったり、システムにKernel Extention(カーネル拡張)を組込んでしまうようなアプリケーションは回避したいところですし、可能であれば Appleが資金や技術等の援助を行う等、Virexをサポートするような体制を構築する事ができれば、非常に喜ばしいと思うのですが……、今後の動向にも要注目です。

Virexのアンインストール方法について(2005年7月26日に追記)

Appleのサポートドキュメントを通じて、Virexのアンインストール方法が解説されてます。

Virexがインストールされた「Mac OS X 10.3 Panther」から、アップグレードにて「Mac OS X 10.4 Tiger」をインストールされた方等は、参考にされると良いかと思われます。



この記事へのコメント

  • aw@bitlog

    .Macをやめてずいぶんになるので気がつきませんでした。
    ずいぶんと理不尽な話ですね。
    しかし、あれほど中途半端なサービスといい加減なサポートで、存続していることが不思議です。(^_^;)

    TB張らせていただきました。
    2005年10月23日 09:40
  • Flipper

    aw@bitlog様
    コメント、TB、ありがとうございます。
    私はTigerをクリーンインストールしたので大丈夫だったのですが、VirexがインストールされたPantherから、アップグレードでTigerをインストールされた方は、VirexがCPUを使いまくっていて大変なようです。
    未だにアナウンスされてないので気付いていない方も多いらしく、5月に公開したこの記事は当BlogのアクセスランクNo.1になっています。
    Tigerの新機能の1つ「.Mac Sync」も何かと不安定だし、ちょっと有料サービスに対する認識が甘いですね。
    2005年10月24日 20:25

この記事へのトラックバック

ClamXav
Excerpt: OSX用のオープンソース系ウィルス駆除ソフトです。 OSXになってからというもの...
Weblog: bitlog
Tracked: 2005-10-23 09:37