「Microsoft Office 2008 for Mac」は2007年後半リリースへ

Microsoftより米国時間9日、同8日より開幕している「Macworld Conference & Expo 2007」を通じて「Microsoft Office 2008 for Mac」(Universal Binary)のリリース予定等が発表されています。 日本時間10日未明に行われたSteve Jobs, CEOによる基調講演の興奮冷めやらぬ「Macworld Conference & Expo 2007」ですが、同イベントを通じてMicrosoftのMac BU(Macintosh Business Unit)より、「Microsoft Office 2008 for Mac」のリリース予定等が発表されているとの事。Universal Binary化が予定されている同オフィススイートは、2007年後半リリースに向けた開発が順調に進行中とのアナウンスが発せられているようです(日本語版のリリース時期は未定)。

尚、「Microsoft Office 2008 for Mac」では「Word」「Excel」「PowerPoint」「Entourage」「My Day」等のバンドルが予定されている他、Mac OS X版オリジナルを含めた以下の機能等の搭載が見込まれているそうです。
  • 「2007 Microsoft Office system」と同一の最新グラフィックエンジン「Office Art 2.0」を搭載
  • 「2007 Microsoft Office system」における「Ribbon」を彷彿させる新たなユーザインターフェイス「Elements Gallery」(「Document Parts」を包含)
  • 「Microsoft Office Open XML Formats」のサポート(「Microsoft Office 2004 for Mac」を対象としたフォーマットコンバータもリリース予定(Public Betaを2007年春、正式版は「Microsoft Office 2008 for Mac」リリースから8週間後を予定))
  • 「Word」における効率的、且つ多彩なページレイアウト作業を支援する「Publishing Layout View」
  • 「Excel」における財務テンプレートセット「Ledger Sheets」(帳簿シート)
  • 「Entourage」と連携し、スケジュール、及びタスク管理等を支援するスタンドアロンツール「My Day」
※幾つかのスクリーンショットが、下記Linkのプレスリリースにおける添付資料にて掲載されています。 噂に挙がっているApple純正表計算ソフトの存在が、Office for Macの動向にどのような影響を齎すか気掛かりなところではありますが、Microsoftサイドは「iWork」を直接の競合製品とは捉えていないとの事。転機の一つと考えられていたUniversal Binary版の開発状況の公表は、明るい話題の一つではないかと捉える次第です。尚、具体的な予定価格は未定とされていますが、現行バージョンと同程度になるであろうと考えられているようです。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック