「VMware Fusion 5.0.2 Build 900491」リリース、「Windows 8」との互換性を改善 etc...

米EMC傘下のVMwareより米国時間8日、同社によるMac OS Xベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「VMware Fusion」のアップデートリリースに相当する「VMware Fusion 5.0.2 Build 900491」がリリースされ、Appleによる「OS X Mountain Lion」「Windows 8」に対する互換性改善等が行われています。

米国時間8月30日付にてリリースされた「5.0.1 Build 825449」において、Ivy Bridgeプラットフォームに対する互換性改善等が行われている、Mac OS Xベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「VMware Fusion」に、米国時間8日付にてアップデートリリースに相当する「VMware Fusion 5.0.2 Build 900491」がリリース。現在VMwareによる公式ダウンロードページ、及びビルトインのソフトウェアアップデータを通じて、日本語含む複数言語リソースを包含するマルチリンガル版のバイナリパッケージが入手可能となっています(フル版 約453MB/Light版 約206MB)。

この度リリースされた「VMware Fusion 5.0.2 Build 900491」における主な変更点として、以下の項目等が示されています。
  • Microsoftによるデスクトップオペレーティングシステム「Windows 8(ゲストOS)」を対象として、「New Virtual Machine Assistant(新規仮想マシンアシスタント)」における「Windows Easy Install(Windows簡易インストール)」オプションを改善
  • 「USB 3.0」における安定性を改善
  • ゲストOSにおいて「Microsoft Office 2013(プレビュー版)」を動作させた場合のグラフィックスを改善
  • 「Virtual Machine Library(仮想マシンライブラリ)」、スタートメニュー(VMware Fusion Start Menu)において、コンテンツの同期が失われるケースが確認されていた問題を修正
  • HGFS(Host Guest File System)を使用した場合に、Appleによるデスクトップオペレーティングシステム「OS X Mountain Lion(OS X 10.8、ゲストOS)」において、古いディレクトリ情報が表示され得た問題を修正
  • 「View(表示)」>「Use All Displays in Full Screen」項目が選択された場合の、「OS X Mountain Lion」におけるマルチモニタの挙動を修正
  • capsロックがオンになっている場合に、フルスクリーンモードに向けたショートカットキーが適切に動作しなかった問題を修正
  • 「OS X Mountain Lion」を対象として、キーリピートの挙動(タイプマチック)を修正
  • Professional版においてネットワークエディタが開かれている場合に、GUIクライアント(VMware Fusion.app)が終了するケースが確認されていた問題を修正
  • 仮想マシンフォーマットにおける標準規格「OVF(Open Virtualization Format)」アプライアンスのインポート時に、キャンセルが適切に機能しないケースが確認されていた問題を修正(「File(ファイル)」>「Import and File」>「Import Library」)
  • 3Dグラフィックスを含むグラフィックス関連の改善。「Autodesk Inventor」「Altium Designer」「Solidworks」を対象として、グラフィックス関連の問題を修正
  • ユーザ、或いはグループネームに「0」を伴うMac OS X環境において発生し得た、インストール関連の問題を修正
  • 「Linux Kernel 3.6」環境において発生し得た、HGFSのコンパイルエラーを修正
  • 「Virtual Machine Library」のアイコンビューにおいて、セレクションカラーを変更
  • アクセシビリティ、及びオートメーション等を幇助すべくして、ポーズキーにおけるメニューアイテムをリネーム
  • ネットワークデバイスを伴わないParallels仮想マシンをインポートした場合に発生し得た問題を修正
  • P2V(Physical to Virtual)マイグレーションの改善。Physical Windows PC(実機)のマイグレート時に、「PC Migration Assistant(マイグレーションアシスタント)」が適切に完了しないケースが確認されていた修正
  • And many others...
「VMware Fusion 5」におけるシステム要件は、64bitプロセッサを搭載したApple製コンピュータ、ホストOSは「Mac OS X 10.6.7」以降(「OS X Mountain Lion(OS X 10.8)」を含む)となっています。また、Ver. 5.0より、新規仮想マシン作成時におけるデフォルトの仮想ハードウェアのバージョンが「9」にアップグレードされています(virtualHW.version = "9")。


この記事へのコメント