Microsoft、Mac OS X版を含む「Windows Presentation Foundation Everywhere(WPF/E)」CTP版の提供を開始

Microsoftより3日、Mac OS X版を含む「Windows Presentation Foundation Everywhere(WPF/E)」CTP版の提供が開始されているようです。 「Expressionシリーズ」のリリーススケジュール等と共に提供開始がアナウンスされていたWPF/EのCTP版において、Mac OS X版のリリースも行われ、「"WPF/E"(codename)Community Technology Preview for Mac(Dec 2006)」と称されるランタイムが上記Linkのダウンロードページより入手可能となっているようです(dmg:3.1MB)。Mac OS X版における主なシステム要件等は以下の通り。
  • PowerPC G3 500MHz or Faster
  • Intel Core Duo 1.83GHz or Faster
  • 128MB RAM
  • Mac OS X 10.4.8における「Firefox 1.5.0.8」「Safari 2.0」
※インストール後にはブラウザの再起動を要するとの事。

尚、今回のCTPにおけるMiniCLRのサポートは実現されておらず(JavaScript制御)、ランタイム自体は2007年2月18日を持って失効するであろうとの事。一部で「Flashキラー」と囁かれ、期待の大きいテクノロジではありますが……、今後どのような展開を見せるのか要注目となりそうです。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック