マイクロソフト、「Windows Vista」「2007 Office System」「Exchange Server 2007」の企業向けライセンス提供開始

マイクロソフトより30日、「Microsoft Windows Vista」「2007 Microsoft Office System」「Microsoft Exchange Server 2007」における法人、企業向けのライセンス提供開始が発表されているようです。 コードネーム「Longhorn」として開発をスタートさせていたWindows Vistaが、約5年の開発期間を経て法人、企業向けのライセンス提供を開始。販売形態は5ライセンス以上にて構成される「マイクロソフト ボリューム ライセンス」を通じての提供となり、パッケージ販売や各種PCへのプリインストール等の一般向け提供開始は、既報通り2007年1月30日が予定されているようです。

尚、ボリュームライセンスを通じて提供されるWindows Vistaは、
  • Windows Vista Business Edition
  • Windows Vista Enterprise Edition
  • Windows Vista Ultimate Edition
の3種とされており、EnterpriseとUltimateに関しては「Software Assurance」契約企業にのみ提供されるとの事。64bitプロセッサへの対応を果たした「Exchange Server 2007」については、12月中旬におけるボリュームライセンス提供開始が伝えられており、マイクロソフトによるWindowsとOfficeの同時発売は、1995年における「Windows 95」「Office 95」以来、約11年ぶりとなるようです(全世界同時発表は初)。

また、開発段階からの早期製品評価を通じて(日本国内において)三洋電機、第一三共等57の法人、企業が採用を表明していると伝えられており、この数字はWindows XP、Office 2003、Exchange Server 2003提供開始時比で5倍以上に相当するそうです。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

Windows Vista、君はみなを魅了するのか?
Excerpt: 一般ユーザ向けの製品は1月まで待たなければならないようですが、なにはともあれ本日11月30日、ようやくWindows Vistaが発売開始されました。 思い出してみれば、現在のM2が4回生の時(200..
Weblog: 京の路
Tracked: 2006-11-30 20:38