Parallelsより「Parallels Transporter 7」がリリース

Parallelsより米国時間12日、同社によるMac OS Xベースのマイグレーションツール「Parallels Transporter」のアップグレードリリースに相当する「Parallels Transporter 7.0.14944」がリリースされています。

米国時間5月18日付にてリリースされたVer.6.0.12082より、(P2V(Physical to Virtual)/V2V(Virtual to Virtual)マイグレーションツールから)主としてスイッチャに向けた環境移行支援ツールとして新たな展開を見せている「Parallels Transporter」ですが、この度米国時間12日付にて同マイグレーションツールのアップグレードリリースに相当する「Parallels Transporter 7.0.14944」がリリースされ、現在Mac App Storeを通じて、英語含む5言語に対応したマルチリンガル版のバイナリパッケージが入手可能となっています(app 約150MB)。

この度リリースされた「Parallels Transporter 7.0.14944」では、ソースマシン(Windowsコンピュータ)に対する接続時にパスコードを用いた認証がサポートされ、シンプル、且つ高速なネットワークマイグレーション等が可能となっている他、ソースマシンにおける任意のボリュームを指定したパーシャルマイグレーションに対応しています。

また、インターフェイス関連では、デスクトップ仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop 7 for Mac」に準じたブラックスタイルのデザインが採用される等、ルックアンドフィールにも変更が行われているおり、Mac OS Xサイド(ディスティネーションターゲット)における主なシステム要件として「Mac OS X 10.6.8」以降(「OS X Lion(Mac OS X 10.7)」含む)が示されています。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック