Parallelsより「Parallels Desktop 7 for Mac Build 15052」がリリース、「OS X 10.7.2」との互換性を改善

Parallelsより米国時間16日、同社によるMac OS Xベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop for Mac」のアップデートリリースに相当する「Parallels Desktop 7 for Mac Build 15052」がリリースされ、「Mac OS X 10.7.2」に対する互換性改善等が行われています。

米国時間1日付にてリリースされた「Build 15050」において、新たに「Ubuntu 11.10(Oneiric Ocelot)」のサポート等が行われているMac OS Xベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop 7 for Mac」に、米国時間16日付にてアップデートリリースに相当する「Parallels Desktop 7 for Mac Build 15052.710728」がリリース。現在Parallelsによる公式ダウンロードページ、及びビルトインのソフトウェアアップデータを通じて、日本語含む15言語リソースを包含するマルチリンガル版のバイナリパッケージが入手可能となっています(dmg 約304MB)。

この度リリースされた「Parallels Desktop 7 for Mac Build 15052」では、全般的なパフォーマンス改善、安定性改善等が行われており、「Mac OS X 10.7.2」におけるアプリケーションランチャー「Launchpad」との互換性改善、ネットワーク関連の安定性改善、及びLinux(ゲストOS)が適切にレジュームできないケースが確認されていた問題の修正等が行われています。

PDfMは、Ver.7.0より単一のバイナリパッケージに日本語含む複数言語リソースが包含されたマルチリンガル版として提供されているため、従来までの「英語版」「日本語版」等の区別がなくなっています(Mac OS X(ホストOS)における言語設定に準じたインターフェイスが提供される事となります)。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック