Appleより「Boot Camp 3.3」がリリース

Appleより米国時間24日、同社によるデュアルブート支援ツール「Boot Camp」の旧版を対象としたアップデートリリースに相当する「Boot Camp Software Update 3.3 for Windows」がリリースされています。

デスクトップオペレーティングシステム「OS X Lion」に伴われる形にて、Ver.4.0のリリースも行われているApple純正デュアルブート支援ツール「Boot Camp」に、米国時間24日付にて旧版(Ver.3.2)を対象としたアップデートリリースに相当する「Boot Camp Software Update 3.3 for Windows(Boot Camp 更新プログラム 3.3 - For Windows)」がリリース。現在Appleによる公式ダウンロードページを通じて「Windows 7」を対象としたアップデータが入手可能となっています(exe 約199.75MB)。

この度リリースされた「Boot Camp Software Update 3.3 for Windows」には、これまでに確認されていたクリティカルなバグの修正、及びハードウェアサポートが含まれていると伝えられており、主なシステム要件として「Boot Camp 3.2」が適用された「Windows 7(64bit/32bit)」が挙げられています(Ver.3.2を使用している全てのユーザに対して、当バージョンへのアップデートが推奨されています)。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック