「WWDC 2006」において「Xserve」が発表

Apple Computerより米国時間7日、「WWDC(Worldwide Developers Conference) 2006」において「Xeon 5100(コードネームWoodcrest)」プロセッサを2基搭載(4-way,Quad Processor)した1U server「Xserve」が発表されています。 AppleにおけるServer solutionの一つとして「Mac OS X Server 10.5 Leopard」と共に、その動向が注目されていた「Xserve」がWWDC 2006において正式発表。公表されている主な仕様は以下の通り。
  • 最高3.0GHzにて動作する2基の「64bit Dual-core Xeon 5100 processor」を搭載し、従来機比5倍以上の性能を実現
  • 「Mac OS X Server 10.4 Tiger Unlimited Client」プリインストール
  • 各プロセッサは4MB共用L2 Cachesと、独立した1.33GHz FSBを搭載
  • 「Xserve G5」比で2倍の容量と3倍の帯域を有する667MHz DDR2 ECC Fully Buffered DIMMを搭載(最大32GBまで拡張可能、標準構成:1GB)
  • Xserve G5比で最大4倍のI/O帯域、最大3倍のメモリ帯域、2倍のストレージ帯域を提供
  • 100万種類以上の構成を実現するBTOオプションを利用可能
  • 最大2GB/sのスループットを実現する2基8レーンのPCI Express拡張スロット
  • 最大3基の3Gbps Serial ATA、SASドライブに対応し、2.25TBのホットプラグストレージを実現
  • Apple Server Monitor Software、及びRemote Desktop Agent等を介した新しい消灯システムを採用
  • BTOオプションにて冗長構成の電源ユニットが選択可能
新しいXserveは、Apple Store(オンライン)、Apple Retail Store、及びアップル製品取扱販売店を通じて、標準構成メーカ希望小売価格379,800円(税込)にて2006年10月販売予定。その他、詳細な技術仕様やBTOオプションを含む製品構成が以下の公式ページにて掲載されています。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック