Oracleより「VM VirtualBox 4.1 Beta 2」がリリース

Oracleより米国時間8日、開発過程にある同社による次世代オープンソース仮想化ソフトウェア「Oracle VM VirtualBox 4.1」の最新Beta版に相当する「Oracle VM VirtualBox 4.1 Beta 2」がリリースされています。

米国時間6月30日付にてリリースされた「Beta 1」において、新たにディスプレイドライバモデル「WDDM(Windows Display Driver Model)」の試験的なサポート等が行われている次世代デスクトップ仮想化ソフトウェア「Oracle VM VirtualBox 4.1」に、米国時間8日付にて最新Beta版(パブリックベータ)に相当する「Oracle VM VirtualBox 4.1.0 Beta 2 Build 72740」がリリース。現在VirtualBoxによるサポートフォーラムを通じて、Mac OS X、Windows、Linux、Solarisを対象としたバイナリパッケージ、ソースコード、SDK(Software Development Kit)、及びPUEL(VirtualBox Personal Use and Evaluation License)に準拠したエクステンションパック(Oracle VM VirtualBox Extension Pack)が入手可能となっています(Mac OS X版 約88.0MB。バイナリとソースコードにはライセンスとしてGPLv2(GNU General Public License Version 2)が適用されています)。

この度リリースされた「Oracle VM VirtualBox 4.1.0 Beta 2」における主な変更点として以下の項目等が示されています。
  • 一部特定のゲストOSを適切に起動する事ができなかった問題を修正(「4.1.0 Beta 1」におけるレグレッション)
  • 一部特定状況下におけるアウトオブメモリエラーのレポーティングを改善
  • GUIベースのマネジメントコンソール「Oracle VM VirtualBox Manager(Oracle VM VirtualBoxマネージャー)」における「Details(詳細)」ページにCPUキャップを表示
  • 「WDDM」に向けて幾つかの修正を適用
  • ストレージ関連の改善。Microsoft仮想ディスク(vhd)、及びParallels仮想ディスク(hdd)にて、一部特定状況下においてデータ破壊が発生し得た問題を修正
  • ホストオンリー、ブリッジネットワーキングに向けて幾つかの修正を適用(Solaris版)
  • Solaris(ゲストOS)を対象として、共有フォルダのオートマウントを修正
  • DKMS(Dynamic Kernel Module Support)がインストールされていない環境での、vboxpciモジュールのコンパイルを修正(Linuxインストーラ)
  • 自動化されたVBox Python APIのインストレーションを修正(Windowsインストーラ)
  • Windows版において「Qt 4.7.3」を使用
  • 種々の関連ドキュメンテーションを改訂
  • And many others...
既知の問題点、及びBeta版を試用する際のガイドラインを含むその他の詳細が、リリースノート、及びサポートフォーラム等を通じて確認可能となっています。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック