Parallelsより「Parallels Desktop 6 for Mac Build 12090(英語版)」がリリース、「Ubuntu 11.04」をサポート etc...

Parallelsより米国時間5月31日、同社によるMac OS Xベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop for Mac」のアップデートリリースに相当する「Parallels Desktop 6 for Mac Build 12090(英語版)」がリリースされ、新たに「Ubuntu 11.04(ゲストOS)」のサポート等が行われています。

米国時間2月21日付にてリリースされた「Build 11994」において、「Mac OS X 10.6 Snow Leopard(ホストOS)」に対する互換性改善等が行われているMac OS Xベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop 6 for Mac」に、米国時間5月31日付にてアップデートリリースに相当する「Parallels Desktop 6 for Mac Build 12090.660720」がリリース。現在Parallelsによる公式ダウンロードページ、及びビルトインのソフトウェアアップデータを通じて英語版のバイナリパッケージが入手可能となっています(dmg 約209MB)。

この度リリースされた「Parallels Desktop 6 for Mac Build 12090」では、全般的なパフォーマンス改善、安定性改善、及び互換性改善等が行われており、主な変更点として以下の項目等が示されています。
  • サポート対象オペレーティングシステムの追加。新たに「Ubuntu 11.04(Natty Narwhal、64bit/32bit)」をゲストOSとしてサポート。プリコンパイルされたカーネルモジュールを伴うゲストOS拡張機能「Parallels Tools」が同梱され、「Linux Express Install」、ダイナミックスクリーンレゾリューション等の諸機能が利用可能
  • Mac OS X(ホストOS)システムショートカットに対するマッピングを改善
  • Mac OS X(ホストOS)、Windows(ゲストOS)間におけるクリップボート共有を改善
  • P2V(Physical to Virtual)/V2V(Virtual to Virtual)マイグレーションツール「Parallels Transporter」を用いて、PCからMac OS Xへ複数のユーザアカウントをマイグレート可能に
  • Appleによる次世代オペレーティングシステム「Mac OS X Lion(デベロッパプレビュー、ホストOS)」に対する試験的サポートを改善
  • And many others...
「WWDC 2011(Worldwide Developers Conference 2011)」における基調講演(米国時間6日)にて何れかのアナウンスが予定されている「Mac OS X Lion」に関しては、現時点ではデベロッパプレビューを対象とした試験的な対応になりますので、試用される際には御注意下さい。また、既知の問題点を含むその他の詳細がリリースノート、及びPTN(Parallels Technology Network)等を通じて確認可能となっています。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック