Mozillaより「Firefox 4.0 Beta 1」がリリース、インターフェイスを刷新 etc...

Mozilla Foundationより米国時間6日、開発過程にある同団体による次世代Webブラウザ「Firefox 4.0」の最新Beta版に相当する「Firefox 4.0 Beta 1」がリリースされ、Windows版における「Tabs on Top」の採用、Mac OS X版における「OOPP」の実装等が行われています。 オープンソースWebブラウザ「Firefox」を対象としたアップグレードリリースとしてプレビュー版(Alpha版)が公開されていた「Firefox 4.0」ですが、この度米国時間6日付にて同Webブラウザの最新Beta版に相当する「Firefox 4.0 Beta 1(Firefox 4.0 Beta(revision 1))」がリリースされ、現在Mozilla Foundationによる公式ダウンロードページを通じて、Mac OS X、Windows、Linuxを対象とした英語版のバイナリパッケージが入手可能となっています(Mac OS X版:約20.2MB)。

この度リリースされた「Firefox 4.0 Beta 1」における主な特徴として以下の項目等が示されています(Ver.3.6.6(現行GA版)からの主な変更点となります)。
  • よりシンプルに、よりスタイリッシュにユーザインターフェイスを刷新。ツールバーアイコン等のUIコンポーネントをリデュース、リデザインし、ナビゲーションツールバーの上部にタブを配置する「Tabs on Top」をデフォルトとして採用(現時点ではWindows版においてのみ。Mac OS X、Linux版も対応予定)。ユーザの嗜好に応じて従来までの「Tabs on Bottom」に切り替える事も可能
  • Windows版(Windows 7/Vista)におけるメニューバーがデフォルトにて非表示となり、代わりに主要なメニューを集約したプルダウンメニュー(Firefoxメニューボタン)を新たに導入
  • 「スマートロケーションバー(Awesomebar、すごいバー)」を通じて、既開タブの検索、及び切り替えに対応
  • 「Add-ons Manager(アドオンマネージャ)」の刷新。従来までの独立したウインドウに代わり、タブ内に表示されるべくしたインコンテンツのインターフェイスを採用(インターフェイスはGA版までに更なる変更を予定)
  • 「JS-ctypes」を対象としてAPI(Application Program Interface)を改善
  • ナビゲーションツールバーにおけるストップ、リロードボタンを単一のボタンに統合
  • デフォルトにて、ブックマークツールバーをブックマークボタンにて置き換え(ユーザの嗜好に応じて従来までのインターフェイスに切り替える事も可能)
  • 各種プラグインを独立した別プロセスとして分離すべくしたクラッシュプロテクション「OOPP(Out-Of-Process-Plugins)」を Mac OS X版に向けて実装(現時点では 「Adobe Flash」「Apple Quicktime」「Microsoft Silverlight」を対象とし、対象プラグインは順次拡張予定。Windows、Linux版はVer.3.6.4において既実装)
  • 「CSS Transitions」を部分的にサポート
  • Webブラウザに向けた3Dグラフィックスレンダリングの標準規格「WebGL」をフルサポート(現時点ではデフォルトで無効化されているため、試用に際しては「about:config」> 「webgl.enabled_for_all_sites」項目の値を「true」に設定する必要があります)
  • Mac OS X版におけるプラグインを対象として「Core Animation」レンダリングモデルを実装(高速、且つ効率的な描画を実現)
  • HTML5ビデオ等に向けて、Googleが主導するオープンビデオフォーマット「WebM」をネイティブサポート
  • Windows版においてDirect2Dレンダリングバックエンドを試験的に実装(現時点ではデフォルトにて無効化)
  • Webデベロッパ等を主対象として「Websockets」を実装
  • HTML History APIsを用いて、ページのリロードを伴わずしてURLフィールドをアップデート可能に
  • 「Lazy Frame Construction」の実装により、動的なWebページのレンダリングパフォーマンを向上(特定のHTML処理がWebドキュメントのリフロー(Webコンテンツの再配置)を引き起こす状況を制限)
  • ページロード時における応答性を改善すべくして、リンクヒストリのルックアップを非同期にて実行可能に
  • コンテンツサイドからユーザのブラウジングヒストリをチェックする事ができなくなるようにするために、CSS :visitedセレクタの動作を変更
  • 新たなHTML5パーサを実装
  • 更なるHTML5フォームの制御をサポート
  • And many others...
「Firefox 4.0」は、レンダリングエンジンとして開発過程にある「Gecko 2.0」の実装が予定されています。また、現在Betaステージにて開発が行われている「Firefox 4.0」は、テスト目的以外での利用は推奨されていませんので試用される際には御注意下さい(幾つかの変更点が、Web、及びプラットフォーム互換性等に影響を及ぼす可能性があるとして注意が呼び掛けられています)。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック