Parallelsより「Parallels Desktop 3.0 for Mac Build 5600」がリリース、「Windows Vista SP1」「Windows XP SP3」に対するサポートを追加 etc...

Parallels(旧SWsoft)より米国時間9日、同社によるMac OS Xベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop for Mac」の最新版に相当する「Parallels Desktop 3.0 for Mac Build 5600」がリリースされ、「Windows Vista Service Pack 1」「Windows XP Service Pack 3」に対するサポートの追加等が行われています。 1月中旬に「Build 5584」がリリースされた後、3月中旬にサポートフォーラムを通じて公開された「Build 5592」において「MacBook Air」に対する互換性改善等も行われているMac OS Xベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop for Mac」に、米国時間9日付にて最新版に相当する「Parallels Desktop 3.0 for Mac Build 5600」がリリース。現在Parallelsによる公式ダウンロードページを通じて英語版のバイナリパッケージが入手可能となっています(dmg:約88MB。Ver.3.0(英語版)正規ユーザは無償にて継続利用可能となっています)。

この度リリースされた「Parallels Desktop 3.0 for Mac Build 5600」における主な変更点として以下の項目等が示されています。
  • 「Boot Camp」パーティションにインストールされたWindows Vista Service Pack 1/XP Service Pack 3に対するサポートを追加(サービスパック適用時に確認されていた互換性問題等を修正)
  • 「Mac Book Air」利用時に発生し得たカーネルパニックを修正
  • CPU使用率の上昇、及びレスポンスの低下等、Mac OS X(ホストOS)において偶発的に発生し得たパフォーマンス関連の問題(IPI stat: rescheduled X CPUs out of Y)を修正
  • CPUパレット使用時に発生し得たカーネルパニックを修正
  • 「Parallels SmartSelect」においてユーザ定義の共有フォルダを使用可能に
  • 「Parallels SmartSelect」にて関連付けされたファイルを開く際の転送速度を改善
  • カスタムアイコンを使用したフォルダをコピーする事ができないケースが確認されていた問題を修正
  • リムーバブルドライブを共有フォルダとして利用可能に
  • Mac OS X(ホストOS)デスクトップにWindows(ゲストOS)ドライブを適切にマウントする事ができないケースが確認されていた問題を修正
  • 「MacFUSE(Mac Filesystem in Userspace)」のインストレーションを適切に行う事ができないケースが確認されていた問題を修正(「MacFUSE」は、Mac OS X(ホストOS)デスクトップにWindows(ゲストOS)ドライブをネットワークドライブとしてマウントする機能(通称「逆共有フォルダ」)等に利用されています)
  • 種々のマイナーフィックス、及びパフォーマンス改善
既知の問題点を含むその他の詳細がリリースノート等を通じて確認可能となっています。

追記(5/10)

サポートフォーラムにおいて、現時点で対応している3Dアプリケーション、及びゲームのリストを含むその他の詳細等が掲載されています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック