2008年04月25日

Appleより「Boot Camp Update 2.1」がリリース、「Windows XP SP3」に対応

Appleより米国時間24日、同社によるデュアルブート支援ツール「Boot Camp」の最新版に相当する「Boot Camp Update 2.1」がリリースされ、「Windows XP Service Pack 3」に対する対応等が行われています。 「Mac OS X 10.5 Leopard」に伴われる形にて昨年10月下旬に正式リリース(Ver.2.0)を迎えたApple純正デュアルブート支援ツール「Boot Camp」に、米国時間24日付にて最新版に相当する「Boot Camp Update 2.1」がリリース。現在Appleによる公式ダウンロードページを通じて適用環境に応じたアップデータ3種が入手可能となっています(「Boot Camp Update 2.1 for Windows Vista 64」:約236MB)。

この度リリースされた「Boot Camp Update 2.1」では、「Boot Camp」支援によってインストールされた「Windows Vista」「Windows XP」における問題解決、及び互換性改善等が行われている他、Windows XP版においては29日より一般向けの提供開始が予定されている「Windows XP Service Pack 3」に対する対応等が行われています。

※「Boot Camp」パーティションにインストールされた「Windows XP」を「Service Pack 3」にアップデートする際には、同サービスパックを適用する前に「Boot Camp 2.1」のインストールを行う必要があると伝えられています。

タグ:Boot Camp apple
posted by Flipper at 21:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | Apple
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/94685460

この記事へのトラックバック