QEMUより「QEMU 0.9.1」がリリース、Parallels仮想ディスクの読み込みをサポート etc...

QEMU Projectより仏国時間6日、同プロジェクトによるマルチプラットフォームCPUエミュレータ「QEMU」の最新版に相当する「QEMU 0.9.1」がリリースされ、新たにParallels仮想ディスクに対する読み込みサポート等が行われています。

x86やPowerPC、SPARC等、多様なアーキテクチャにて種々のゲストOSをサポートするオープンソースのマルチプラットフォームCPUエミュレータ「QEMU」に、仏国時間6日付にて最新版に相当する「QEMU 0.9.1」がリリース。現在同プロジェクトによる公式ダウンロードページを通じてソースコード等が入手可能となっています。

昨年2月上旬以来、約11ヶ月振りのリリースとなる「QEMU 0.9.1」における主な変更点として以下の項目等が示されています。
  • ホストディレクトリからのTFTP(Trivial File Transfer Protocol)によるブート(/tftpboot)をサポート
  • Solarisを対象としたTAPデバイスのエミュレーションを追加
  • 幾つかのI/Oチャネルに対するモニタマルチプレキシングのサポートを追加
  • DS1225Y NVRAMをサポート
  • CPUモデルセレクションをサポート
  • 「SPARC」利用時に発生し得た幾つかの問題を修正
  • MIPS 64bit FPU(Floating Point number processing Unit、浮動小数点演算装置)をサポート
  • 「XScale」ベースのPDAエミューションをサポート
  • 「ColdFire」システムのエミューションをサポート
  • 「SH4」サポートの改善
  • ホストCPUとして新たに「MIPS64」をサポート
  • Parallels仮想ディスク(.hdd)をサポート(Read-Only)
  • 新たにAMDによるCPU仮想化支援「SVM(Secure Virtual Machine)」(AMD-V)をサポート
  • 「SPARC32PLUS」の実行をサポート
  • 「Gumstix Connex」及び「Gumstix Verdex」ボードのエミューレーションをサポート
  • 「Intel Mainstone II」ボードのエミューレーションをサポート
  • VMwareによるSVGA IIグラフィックスカードをサポート
  • And many others...
Mac OS Xにて利用可能なGUIフロントエンド「Q.app」は、現時点において「Q 0.9.0a89(STABLE Build)」が配布されています。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック