Ubuntuより「Ubuntu 8.04 Alpha 2」がリリース

Canonical支援のUbuntu Foundationより英国時間21日、開発過程にある同団体による次世代Linuxディストリビューション「Ubuntu 8.04(コードネーム:Hardy Heron)」の最新Alpha版に相当する「Ubuntu 8.04 Alpha 2」がリリースされ、ユーザビリティの改善、及び種々のバグフィックス等が行われています。 「Debian (Debian GNU/Linux)」ベースのLinuxディストリビューションとして卓越したユーザビリティ等が高い支持を集めるLinuxディストリビューション「Ubuntu」。11月下旬より開発過程にある次世代版「Ubuntu 8.04(コードネーム:Hardy Heron)」のテストリリースも開始されていますが、この度英国時間21日付にて同Linuxディストリビューションの最新Alpha版に相当する「Ubuntu 8.04 Alpha 2」がリリースされ、現在Ubuntu Foundationによる公式ダウンロードページ等を通じてIntel x86(i386)、AMD64/EM64T、SPARC(「Server install CD」のみ)に対応した「Desktop CD」「Server install CD」「Alternate install CD」、及びソースコード等が各々入手可能となっています(Intel x86(i386) Desktop CD:約678.8MB、インストールCDがそのままLive CDとして利用可能となっています)。

この度リリースされた「Ubuntu 8.04 Alpha 2」では、Linuxカーネルに「Linux Kernel 2.6.24-rc5」をベースとした「Linux Kernel 2.6.24-2.4」が実装されている他、ユーザビリティの改善、各種バンドルコンポーネント(多数のアプリケーションパッケージを含む)のアップデート、及び種々のバグフィックス等が行われており、デスクトップ環境、パッケージ構成等の異なるUbuntu派生として以下の各ディストリビューションの Alpha 2も公開されています。
  • KDEベースの「Kubuntu(Kubuntu 8.04 Alpha 2)」
  • Xfceベースの「Xubuntu(Xubuntu 8.04 Alpha 2)」
  • 教育、学術機関向けにパッケージングされた「Edubuntu(Edubuntu 8.04 Alpha 2)」
  • 「Ubuntu Linux」からプロプライエタリなソフトウェアを除外したフリーソフトウェアオンリーの「Gobuntu(Gobuntu 8.04 Alpha 2)」
  • 米VMware等が展開する仮想アプライアンス戦略の一環として提供され、各アプリケーションベンダが各々のアプリケーション等をインストールして提供するためのベースとなる「Ubuntu JeOS(Ubuntu JeOS 8.04 Alpha 2)」
  • マルチメディア、グラフィックス関連を強化したメタパッケージ「Ubuntu Studio(Ubuntu Studio 8.04 Alpha 2)」
尚、「Ubuntu 8.04」のコードネームに使用されている「Hardy Heron」は「強健(丈夫)な鷺」に由来しており、正式リリースは2008年4月が予定されています(6ヶ月サイクルでアップデートが行われる「Ubuntu」のバージョンナンバには、リリース時の年、月が付与される形式となっており、「Hardy Heron」は2008年4月に正式リリースが予定されているため「Ver.8.04」となります)。また、X Window Systemには9月上旬にリリースされた「X.Org 7.3(X.org X Window System Release 7.3(X11R7.3))」が実装されています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック