2007年08月16日

Microsoftより「Microsoft Office 2004 for Mac 11.3.7」がリリース、セキュリティ関連の修正等を包含

Microsoft内Mac BU(Macintosh Business Unit)より米国時間14日、「Microsoft Office 2004 for Mac」の最新アップデータに相当する「Microsoft Office 2004 for Mac 11.3.7 Update」がリリースされ、セキュリティ関連の修正等が行われています。 年内に予定されていた次世代バージョン「Microsoft Office 2008 for Mac」のリリースが来年1月中旬に延期され、「Microsoft Office Open XML」フォーマットのサポートにおいては「iWork '08」の後塵を拝する事となった「Microsoft Office for Mac」。オープンソースオフィススイート「OpenOffice.org」において(Sun Microsystemsによる協力の下)Mac OS XネイティブGUI環境「Aqua」対応版の開発が進められている現状等も含め、Mac OS Xベースのオフィススイート市場に俄かな変化が生じてきた感もありますが、この度米国時間14日付にて、現行バージョン「Microsoft Office 2004 for Mac」に対するセキュリティ修正等を包含する最新アップデータ「Microsoft Office 2004 for Mac 11.3.7 Update」がリリースされ、現在Mac BUによる公式ダウンロードページ、及び「Microsoft AutoUpdate」(「Help」>「Check for Updates」)経由にて入手可能となっています(dmg:約8.6MB)。

この度リリースされた「Microsoft Office 2004 for Mac 11.3.7 Update」では、攻撃者が 「Microsoft Office 2004 for Mac」における任意のファイルを用いて、コンピュータ上のメモリを悪質なコードにて上書し得るとされる脆弱性等が改善されると伝えられている他(KB940763)、対象製品、プラットフォーム、及び更新対象ファイルとして以下の項目等が示されています。

対象製品、プラットフォーム

  • Microsoft Office 2004 Professional Edition
  • Microsoft Office 2004 Standard Edition
  • Microsoft Word 2004
  • Microsoft Excel 2004
  • Mac OS X 10.2.8 or later(「Sync Services」利用時には「Mac OS X 10.4.3」以降が必要)
※「Microsoft Office 2004 for Mac 11.3.7 Update」適用時には「Microsoft Office 2004 for Mac 11.3.6」が必須となります。

更新対象ファイル

  • Microsoft Component Plugin(11.3.7)
  • Microsoft Excel(11.3.7)
  • Microsoft OLE Automation(11.3.7)
対象プラットフォームとしてのMac OS Xは「Software Updete」経由等にて入手し得る各Mac OS Xにおける最新版(現時点では「Mac OS X 10.4.10」「Mac OS X 10.3.9」「Mac OS X 10.2.8」)の使用が推奨されています。また、インストール時の注意点を含むその他の詳細等がMac BUによる公式ダウンロードページを通じて確認可能となっています。

タグ:microsoft office
posted by Flipper at 22:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Microsoft
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック