Appleより「iTunes 7.3」がリリース、iPhoneサービスのアクティベーション、各種データの同期等に対応

Appleより米国時間29日、iPhoneサービスのアクティベーション、及び各種データの同期等に対応した「iTunes 7.3」がリリースされています。 米国時間6月29日18時に待望の正式リリースを迎えたApple製モバイルデバイス「iPhone」。既に各種メディアを通じて様々なレポート等が報じられ、米国における加熱ぶりの中においては、Apple共同創設者の一人でもあるSteve Wozniak氏が列に並んで購入したといった情報も伝えられているようですが、この度同日付けにて「iPhone」のアクティベーション、及び同デバイスとの各種データの同期等に対応した「iTunes 7.3」がリリースされ、現在Appleによる公式ダウンロードページ、及び「Software Update」を通じてMac OS X、Windowsを対象としたバイナリパッケージが入手可能となっています(Mac OS X版:約33.8MB、Windows版:約47.4MB)。

「iPhone」対応を果たしたVer.7.3における主な特徴が以下の通りに示されています。
  • iPhoneサービスのアクティベーションに対応
  • 各種データ(ミュージック、ムービー、TV show、オーディオブック、Podcast、デジタルフォト、コンタクト情報、ブックマーク、メールアカウント設定等)のiPhoneとの同期に対応
  • 各コンピュータにおけるデジタルフォトデータを「Apple TV」とワイヤレスに共有可能に(Apple TVに対するデジタルフォトデータのストリーミング配信をサポート)
  • 「iTunes」>「環境設定...」>「詳細」>「読み込み」において、読み込み方法として「AACエンコーダ」を選択した際に、設定の選択肢が従来までの「高音質(128kbps)」「音声Podcast」に加えて「高音質(256kbps)」が選択可能に(DRMフリーのAAC楽曲(iTunes Plus:256kbps)との兼ね合いに拠るとの事)
主なシステム要件として以下の項目等が示されています。

Mac OS X

  • Mac OS X 10.4.7 or later
  • Mac OS X 10.3.9
  • iPhone利用時には「Mac OS X 10.4.10」が必要
  • 「PowerPC G3」プロセッサ500MHz以上(Intelプロセッサ含む)
  • QuickTime 6.5.2 or later
  • 256MB以上のRAM容量を搭載したMacintoshコンピュータ
  • CD作成時に必要なSuper Drive、Combo Drive

Windows

  • Windows Vista
  • Windows XP
  • Windows 2000 Service Pack 4
  • 「Apple TV」「iPhone」利用時には「Windows XP Service Pack 2」以降が必要
  • 「Intel Pentium」プロセッサ500MHz以上
  • QuickTime 7.1.6 or later(同梱)
  • 256MB以上のRAM容量を搭載したPC/AT互換機
  • CD作成時に必要なCD-R Drive、DVD-R Drive
ビデオ再生時に必要とされるシステム要件を含めたその他の詳細が「iTunes」公式ダウンロードページを通じて確認可能となっている他、iPhoneのアクティベーション、或いは同期方法等が収められた「Apple - iPhone - Activation & Sync」(チュートリアルビデオ)、及びアクティベーション方法や機能紹介などが纏められた「iPhone User's Guide」(PDF:iPhone_User_Guide.pdf)等の関連資料がApple公式サイトにて公開されています(iPhoneとの同期方法は iTunesにおける「ヘルプ」>「iTunes ヘルプ」を通じて日本語でも確認可能となっています)。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック