2007年06月02日

Parallelsより「Parallels Desktop 3.0 for Mac」の概要が発表、OpenGL、DirectXに対応し「Linux Tools」「Coherence 2.0」等を追加

Parallels Software Internationalより米国時間5月31日、同社によるMac OS Xベースの仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop for Mac」のメジャーアップグレードに相当する「Parallels Desktop 3.0 for Mac」の概要が発表されると共に、プレオーダの受付開始が告知されています。 3月上旬におけるBuild 3188リリース以来、その動向を伝える諸情報等が減少気味となっていたMac OS Xベースの仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop for Mac」。4月下旬にはParallelsによる仮想アプライアンスネットワーク「Parallels Technology Network(PTN)」が開設される等、次なるステージへの移行にも注目が集まるところですが、この度、同仮想化ソフトウェアのメジャーアップグレードに相当する「Parallels Desktop 3.0 for Mac」の概要が発表されると共に、プレオーダの受付開始が告知されています。

50種以上の新機能、及び100種以上の不具合修正等、大幅な機能強化が含まれるとされるParallels Desktop 3.0 for Macの主な特徴が冒頭Link(1段目)の公式ページ等を通じて以下の通りに示されています。
  • Mac OS X、Windows間において、任意のファイルに既定のアプリケーションを関連付可能な「Parallels SmartSelect」を追加。異種オペレーティングシステム間におけるシームレスなユーザエクスペリエンスを実現
  • 仮想マシン内の各種リソースに対するオフラインアクセス(仮想マシン未起動状態におけるアクセス)を実現可能な「Paralles Explorer」(「.vmdk(VMwaare)」「.vhd(Virtual PC)」形式等の仮想HDDファイルもハンドリング可能)
  • 「OpenGL」「DirectX」のサポート等、ハードウェアアクセラレーションの実現によるグラフィックスパフォーマンスの強化。3Dグラフィックスを利用するアプリケーション(OpenGL、DirectXを利用するゲーム等)が仮想マシンにおいてネイティブ動作可能に
  • 「Shared Folder」、及びユーザインターフェイスにおける機能強化等を包含する「Coherence 2.0」
  • Mac OS X、Linux間におけるシームレス、且つインタラクティブな操作環境を実現する「Linux Tools」の追加
  • USB 2.0デバイスに対するサポート強化(対応デバイス拡充等)
  • 異種オペレーティングシステム間におけるプリンタ共有
  • 隔離性等のセキュリティレベルを制御可能な「Security Manager」
  • USB接続を行うデバイスのオペレーティングシステムを任意に選択可能とする「USB Connection Assistant」
  • 仮想マシンを読み出し専用とし、トラブル発生時には容易、且つ迅速に仮想マシンをクリーンな環境に復元可能な「Undo Disks」
  • 任意の状態に保存した仮想マシンを任意のタイミングに復元可能な「Snapshots(スナップショット)」(「Snapshot Manager」によるマネジメント)
  • 各種パフォーマンス、及びオーディオ品質の向上
  • Apple純正デュアルブート支援ツール「Boot Camp」との互換性向上。「Boot Camp」支援によってインストールされた「Windows Vista」をゲストOSとして利用可能に
  • 「Windows Vista」における「Windows Aero」の近々におけるサポート予定
Parallels Desktop 3.0 for Macはフルパッケージの小売価格79.99米ドル(アップグレード価格:49.99米ドル)にて提供予定とされており、6月6日までに事前予約を行ったユーザに対しては早期アップグレード価格として39.99米ドルのディスカウントが適用されるとの事。現行バージョンを5月1日以降に購入したユーザ、及びメンテナンス契約を締結しているユーザに対しては無償アップグレードパスが適用されると伝えられています。

尚、冒頭Link(2段目)のThe Official Parallels Virtualization Blogでは、今後数週間内におけるファイナルリリースの出荷予定が伝えられている他、「WWDC(Worldwide Developers Conference) 2007」におけるビッグニュースの発表予定等が示唆されています(発表内容に関しては言及されていませんが、凄く気になります……)。
posted by Flipper at 00:10| Comment(0) | TrackBack(2) | Parallels | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Parallels Desktop 3.0 for Macで動作確認されている3Dゲーム/アプリケーション
Excerpt: Open GL/Direct Xに対応予定のParallels Desktop 3.0 for Macで動作確認されている3Dゲーム/アプリケーションのリストをフォーラム経由で見つけたのでご案内です。..
Weblog: .Mb
Tracked: 2007-06-02 20:38

Parallels Desktop 3.0 for Macの概要が発表された
Excerpt: Parallels Desktop 3.0 for Macの概要が発表されたようだ。 今回の目玉機能はなんと言ってもOpenGLやDirectX対応による、3D対応の向上だと思えるが、他にもファイル..
Weblog: IrodorI One-Poem World
Tracked: 2007-06-27 23:25
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。