Google、「Google Docs & Spreadsheets」にプレゼンテーション機能を追加へ

Googleより米国時間17日、公式ブログを通じて「Google Docs & Spreadsheets」に対するプレゼンテーション機能の追加がアナウンスされています。 Googleよりサービス提供が行われているオンラインアプリケーションとして高い注目を集め、同社によるホスティングサービス「Google Apps」にも同梱されているGoogle Docs & Spreadsheets。WebベースのオフィススイートとしてNo.1シェアを獲得し、先月中旬にはインターフェイスの日本語化が果たされる等、順調な歩みを続けているようですが、この度新たなプレゼンテーション機能の追加予定が冒頭Linkの公式ブログを通じてアナウンスされています。

現時点で伝えられている主な特徴は以下の通りとなっています。
  • 技術ベースとして、サンフランシスコ、メルボルン(オーストラリア)に本拠を持つTonic Systemsによる各種テクノロジを採用
  • 「Google Docs」「Google Spreadsheets」同様の共有、コラボレートといった諸機能のサポート
  • 「PowerPoint」データのインポート、エクスポートのサポート
技術ベースとして採用されたTonic Systemsは、Javaベースの各種コラボレーションツール(プレゼンテーション、ドキュメントコンバージョン等)の提供実績等が評価されているとの事。サービス提供の開始時期は2007年夏頃が予定されており、Google Docs & Spreadsheetsのソースコード中に含まれると囁かれていた「Presently」との関連については不明とされています。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック