2013年08月03日

「VMware Horizon View Client for iOS 2.0 Build 1044714」リリース

米EMC傘下のVMwareより米国時間3月14日、同社によるiOSベースのViewクライアント「VMware Horizon View Client for iOS」のアップグレードリリースに相当する「VMware Horizon View Client for iOS 2.0.0 Build 1044714」がリリースされています(AppleによるiOS(iPad、iPhone、iPod touch)で動作するリモートクライアントです。仮想化ソフトウェアではありませんので御注意下さい)。

※既に米国時間7月9日付にてVer. 2.1.0がリリースされていますが、同版に関しては別途にエントリする予定でおります。

米国時間2012年12月20日付にてリリースされた「1.7.0 Build 946536」において、「iPhone 5」のサポート等が行われている、iOSベースのViewクライアント「VMware Horizon View Client for iOS(旧VMware View Client for iOS)」ですが、この度米国時間3月14日付にて同クライアントアプリケーションのアップグレードリリースに相当する「VMware Horizon View Client for iOS 2.0.0 Build 1044714」がリリースされ、現在Apple App Storeを通じて、日本語含む6言語リソースを包含するマルチリンガル版のクライアントプリケーションが入手可能となっています(app 約16.0MB)。

この度リリースされた「VMware Horizon View Client for iOS 2.0.0 Build 1044714」における主な特徴として、以下の項目等が示されています(「1.7.0 Build 946536」からの主な変更点となります)。
  • モバイルオペレーティングシステム「iOS 5.0」以降において利用可能な「Unity Touch」。このナビゲーションサイドバーをスライドする事によって、Windowsアプリケーション、ファイルのブラウズ、検索開閉を容易に行なったり、お気に入りのアプリケーション、ファイルのリストを作成したり、実行しているアプリケーションの切り替えを行なったりする事が可能に。「Remote Experience Agent」がインストールされている「VMware Horizon View 5.2」仮想デスクトップが必要(エージェントは、「VMware Horizon View 5.2 Feature Pack 1」に含まれている)
  • 「VMware Horizon View 5.2」に対する最適化。「VMware Horizon View 5.2」におけるクライアントサイドキャッシングの改善は、モバイルデバイスに対して理想的となっている。新しいキャッシュは90MBを使用し、これは以前のリリースの250MBのキャッシュに相当する
  • WindowsアプリケーションでのiOS読み上げ。「Unity Touch」サイドバーにおける音声を使用して、Windowsアプリケーション、及びファイルを検索可能に。「iOS 6」キーボード統合を使用して、Windowsアプリケーションに直接読み上げる
  • プレゼンテーションモードの強化。外部モニタ、或いは「AirPlay」使用すると、外部ディスプレイでHorizen Viewデスクトップを表示しながら、iPhone、或いはiPadスクリーンをタッチパッドを伴うキーボードに転換できる。「iPad 3」「iPad 4」、及び「iPhone 5」に向けて、外部ディスプレイ解像度を最適に設定する
  • 繁体字中国語のローカライサポート。ユーザインターフェイスとドキュメントが、繁体字中国語において利用可能に
  • 種々のバグフィックス
  • And many others...
当クライアントアプリケーションは、デスクトップ仮想化ソリューション「VMware Horizon View(旧VMware View)」による仮想デスクトップインスタンスを、iOSから(Wi-Fi(無線LAN)、或いは4G LTEネットワーク等を介して)制御可能とするリモートクライアントとして、「VMware View 4」より新たに採用されているディスプレイプロトコル(画面転送プロトコル)「PCoIP(PC over IP)」をサポートする他、インプットオペレーションの効率化等を齎すべくして、マルチタッチディスプレイを利用したマルチタッチジェスチャ等に対応しています。また、対象プラットフォームとしてモバイルオペレーティングシステム「iOS 4.2」以降(「iOS 6」を含む)、管理対象として「VMware View 4.6.1」以降(「VMware View 5」を推奨)によって構築された仮想デスクトップ環境が挙げられています。

尚、「1.5.0 Build 710491」まではiPadのみが対象デバイスとされていましたが、米国時間2012年9月26日付にてリリースされた「1.6.0 Build 844387」より、iPhone、iPod touchを含むユニバーサルクライアントサポートが提供されています(「2.0.0 Build 1044714」時点において、「iPhone 4」「iPod touch(3rd Generation)」「iPad」「iPad mini」以降をサポート)。この変更に伴い、アプリケーションの名称も「VMware View Client for iPad」から「VMware View Client for iOS」に改められています。

その他にもHorizon View Client関連では、同日付にて「VMware Horizon View Client for Android」のアップデートリリースに相当する「VMware Horizon View Client for Android 2.0.0 Build 1044714」もリリースされています。

posted by Flipper at 22:20 | Comment(0) | VMware
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。