2013年03月23日

CodeWeaversより「CrossOver Mac 12.1.2」がリリース、「OS X 10.8.3」との互換性を改善 etc...

CodeWeaversより米国時間1日、同社によるMac OS XベースのWindows互換レイヤ「CrossOver Mac」のアップデートリリースに相当する「CrossOver Mac 12.1.2」がリリースされ、Appleによる「OS X 10.8.3」に対する互換性改善等が行われています。

米国時間1月23日付にてリリースされた「12.1.0 Build 26821」において、「Mac OS X 10.6.8(Snow Leopard)」に対する互換性改善等が行われている、Mac OS XベースのWindows互換レイヤ「CrossOver Mac 12(CrossOver Mac XII)」に、米国時間1日付にてアップデートリリースに相当する「CrossOver Mac 12.1.2 Build 26862」がリリース。現在CodeWeaversによる公式ダウンロードページを通じて、日本語含む複数言語リソースを包含するマルチリンガル版のバイナリパッケージが入手可能となっています(dmg 約79.7MB)。

この度リリースされた「CrossOver Mac 12.1.2」における主な変更点として、以下の項目等が示されています。
  • 米国時間14日付にてリリースされた「OS X 10.8.3(OS X Mountain Lion)」での利用において、ゲームアプリケーションのパフォーマンスを改善
  • アプリケーションサポートの改善。「Steam」のアップデート時に、ループから抜け出す事ができないケースが確認されていたバグを修正
  • 「Microsoft Outlook 2010」において、「.xlsx」「.pptx」「.docx」添付ファイルを適切に開く事ができなかったバグを修正
  • 「Quicken」から、Chase Bankオンラインに接続する事ができなかったバグを修正
  • Office 2010/2007において、ヘルプトピックが表示可能に
  • Macドライバにおけるウインドウ表示を改善
  • And many others...
Ver. 12.xにおけるシステム要件は、「Mac OS X 10.6 Snow Leopard」以降(「OS X Mountain Lion(OS X 10.8)」を含む)となっています。Ver. 11.xにてサポートされていた「Mac OS X 10.5 Leopard」は対象外となりますので御注意下さい。

その他にもCodeWeaversからは、同日付にてLinuxベースのWindows互換レイヤ「CrossOver Linux」のアップデートリリースに相当する「CrossOver Linux 12.1.2」もリリースされており、同版では一部のゲームアプリケーション(Bethesda Softworksによる「The Elder Scrolls V: Skyrim」等)を対象としたパフォーマンス改善等が行われています(Ver. 12.xでは「RHEL 5(Red Hat Enterprise Linux 5)」がサポート対象外となっています。同オペレーティングシステムをサポートする最後の版は、米国時間2012年11月5日付にてリリースされたVer. 11.3.0となります)。

posted by Flipper at 06:00 | Comment(0) | CodeWeavers(Wine)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。