2013年02月03日

「Linux Mint 15」、コードネームは「Olivia」に

UbuntuベースのLinuxディストリビューションとして、デスクトップインターフェイスのアプローチ等に支持を集める、愛Linux Mint teamによる「Linux Mint」ですが、この度英国時間1月28日付のThe Linux Mint Blog(公式ブログ)を通じて、次世代版Ver. 15のコードネームが「Olivia」に決定した旨等が発表されています。 「Ubuntu 13.04(Raring Ringtail)」をベースとし、2013年5月下旬にリリース予定とされる「Linux Mint 15(Olivia)」では、GNOME版において、デフォルトのデスクトップインターフェイスに「GNOME 2」のフォーク「MATE」、或いはGNOMEシェルのフォーク「Cinnamon」を採用する2エディションが用意される他、デスクトップ環境にKDE、Xfceを採用する版も各々提供予定と伝えられています(これはVer. 14(Nadia)と同じ構成となります)。

尚、Linux Mint teamからはUbuntuベースの他に、Debianをベースとした「LMDE(Linux Mint Debian Edition)」も提供されており、こちらは英国時間2012年4月24日付にてリリースされた「LMDE 201204」が現時点における最新GA版となります。

posted by Flipper at 15:56 | Comment(0) | Linux
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。