2013年01月03日

「VMware View Client for Mac OS X 1.7 Build 941764」リリース

米EMC傘下のVMwareより米国時間2012年12月13日、同社によるMac OS XベースのViewクライアント「VMware View Client for Mac OS X」のアップデートリリースに相当する「VMware View Client for Mac OS X 1.7.0 Build 941764」がリリースされています(AppleによるMac OS Xで動作するリモートクライアントです。仮想化ソフトウェアではありませんので御注意下さい)。

米国時間2012年10月4日付にてリリースされた「1.6.0 Build 844387」において、「OS X Mountain Lion(OS X 10.8)」のサポート等が行われている、Mac OS XベースのViewクライアント「VMware View Client for Mac OS X」に、米国時間2012年12月13日付にてアップデートリリースに相当する「VMware View Client for Mac OS X 1.7.0 Build 941764」がリリース。現在VMwareによる公式ダウンロードページを通じて、日本語含む複数言語リソースを包含するマルチリンガル版のバイナリパッケージが入手可能となっています(dmg 約25.0MB)。

この度リリースされた「VMware View Client for Mac OS X 1.7.0 Build 941764」では、新たにUSBのリダイレクト機能が実装されており、Viewによる仮想デスクトップから、ローカルコンピュータに接続されている各種USBデバイス(サムフラッシュドライブ、カメラ、プリンタ等)を使用する事が可能となっています(この機能によって、Macintoshコンピュータに接続されているUSBデバイスに、Viewクライアントにおけるメニューからアクセス可能となる他、管理者はリダイレクトを許可するUSBデバイスを指定するためのフィルタリングルールを設定する事も可能となっています)。

※上記のUSBリダイレクト機能は、現時点ではWebカメラがサポートされていない他、USBオーディオデバイスのリダイレクトはネットワークの状態に依存するため、高い信頼性を得る事はできないと伝えられています(一部のデバイスでは、アイドル状態の時でさえも、高いデータスループットが必要になるケースもあるとの事です)。

当クライアントアプリケーションは、デスクトップ仮想化ソリューション「VMware View(旧VMware VDI(VMware Virtual Desktop Infrastructure))」による仮想デスクトップインスタンスをMac OS Xから制御可能とするリモートクライアントとして、BYOPC(Bring Your Own PC)をMac OS X環境にも齎しており、「VMware View 4」より新たに採用されたディスプレイプロトコル(画面転送プロトコル)「PCoIP(PC over IP)」をサポートしています。対象プラットフォームとして「Mac OS X 10.6.8」以降(「OS X Mountain Lion(OS X 10.8)」を含む)、管理対象として「VMware View 4.6.1」以降(「VMware View 5」を推奨)によって構築された仮想デスクトップ環境が挙げられています。

その他にもView Client関連では、同日付にてLinuxベースのViewクライアント「VMware View Client for Linux」のアップデートリリースに相当する「VMware View Client for Linux 1.7.0 Build 941764」、WindowsベースのViewクライアント「VMware View Client for Windows Store」のアップデートリリースに相当する「VMware View Client for Windows Store 1.7.0 Build 941764」も各々リリースされています。

posted by Flipper at 06:00 | Comment(0) | VMware
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。