2012年08月04日

「Parallels Desktop 8 for Mac」におけるアップグレード要件

Mac OS Xベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop for Mac」を対象としたアップグレードリリースとして、開発計画の一部が伝えられている「Parallels Desktop 8 for Mac」ですが、米国時間2日付にて投稿されたConsumer Tech Blog(公式ブログ)を通じて、同版へのアップグレード要件に関する情報の一部等が告知されていますので、当エントリではその内容等を簡単に纏めてみたいと思います。 ※当エントリは、Parallels社によるオンラインストア(ESD版)、及び米国市場におけるParallelsリセラー、リテールボックス等に言及しています。その他の販売チャネルには言及していませんので御注意下さい。

上記LinkのConsumer Tech Blog(旧Customer Tech Blog)のエントリでは、米国時間2012年7月25日以降にVer. 7を購入したユーザが、次版へのフリーアップグレードの資格を有する旨等が告知されています(「Switch to Mac Edition」のライセンスは対象となりますが、「Enterprise Edition」は対象外となり、次版のETAやアップグレード手順を含む更なる詳細等は、正式発表時に改めてアナウンスするとの事です。尚、フリーアップグレード対象外のユーザに対する価格等の具体的な情報は、現時点ではアナウンスされていません)。

尚、「Parallels Desktop for Mac」の次版は、現在「Parallels Desktop 8 for Mac Beta」としてプライベートベータが実施されています。こちらはNDAで保護されていますので、機能の詳細等に関しては、何れかの公式なアナウンスが発せられた時点でエントリしたいと考えております。

posted by Flipper at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Parallels
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック