2012年07月30日

「Parallels Desktop 7 for Mac」「OS X Mountain Lion」間における互換性

米国時間25日付にて待望のGAリリースを迎え、各方面から様々なレビュー等も寄せられている、Appleによるデスクトップオペレーティングシステム「OS X Mountain Lion(OS X 10.8)」。導入に際しては各種ソフトウェア、ハードウェアとの互換性等も気になるところではないかと思われますが、同日付にて投稿されたConsumer Tech Blog(公式ブログ)を通じて、Mac OS Xベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop for Mac」と「OS X Mountain Lion」間における互換性の現状等が報告されていますので、当エントリではその内容等を簡単に纏めてみたいと思います。 上記LinkのConsumer Tech Blog(旧Customer Tech Blog)のエントリでは、米国時間7月10日付にてリリースされた「Parallels Desktop 7 for Mac Build 15104(現行GA版)」において、この度GA版としてリリースされた「OS X 10.8 Build 12A269」をホストOSとして正式にサポートするとの現状等が報告されています(「OS X Mountain Lion」におけるセキュリティソリューション「Gatekeeper」に対応すべくして、既にApple Developer IDにて署名済みとなっています)。

※この互換性情報は「7.0 Build 15104.778994」を対象としていますので、Ver. 7.0の旧ビルドを使用されてる方は、「OS X」を「Mountain Lion」へアップグレードする前に「Build 15104」へアップデートする必要があります。「OS X」を先にアップグレードした場合には、旧ビルドのGUIクライアントを起動する事ができないため、(ビルトインのソフトウェアアップデータではなく)インストーラから「Build 15104」をインストールする必要があります(仮想マシンは影響を受けないため、そのまま使用する事ができます)。尚、「Parallels Desktop 6 for Mac」以前は動作対象外となります。

posted by Flipper at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Parallels
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/283841354
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック