2012年07月12日

Parallelsより「Parallels Desktop 7 for Mac Build 15104」がリリース、「OS X Mountain Lion」試対応を改善 etc...

Parallelsより米国時間11日、同社によるMac OS Xベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop for Mac」のアップデートリリースに相当する「Parallels Desktop 7 for Mac Build 15104」がリリースされ、「OS X Mountain Lion」に対する試験的対応の改善等が行われています。

米国時間6月15日付にてリリースされた「Build 15098」において、新たに「MacBook Pro with Retina display」に対する互換性改善等が行われている、Mac OS Xベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop 7 for Mac」に、米国時間11日付にてアップデートリリースに相当する「Parallels Desktop 7 for Mac Build 15104.778994」がリリース。現在Parallelsによる公式ダウンロードページ、及びビルトインのソフトウェアアップデータを通じて、日本語含む複数言語リソースを包含するマルチリンガル版のバイナリパッケージが入手可能となっています(dmg 約305MB)。

この度リリースされた「Parallels Desktop 7 for Mac Build 15104」における主な変更点として、以下の項目等が示されています。
  • 米国時間6月11日付(WWDC 2012)にて発表された「MacBook Air(Mid 2012)」「MacBook Pro(Mid 2012)」「MacBook Pro with Retina display」において、Windows 8、Ubuntu、Fedora等がゲストOSとして動作可能に
  • 「Fedora 17(Beefy Miracle)」をゲストOSとしてサポート
  • Appleによる次世代デスクトップオペレーティングシステム「OS X Mountain Lion(OS X 10.8、ホストOS)」に対する試験的サポートを改善
  • 仮想マシンにおけるDVD/CDドライブにて、img形式のディスクイメージを使用可能に
  • 仮想マシンにおいて、「USB 3.0」デバイスを使用可能に
  • iOSベースのリモートマネジメントコンソール「Parallels Mobile」において、Mac OS Xとの接続性を改善
  • 「Parallels Wizard(Parallelsウィザード)」における「Express installation(簡易インストール)」オプションにおいて、Linuxディストリビューションの検出を改善
  • Retinaディスプレイに対するサポートを強化
尚、PDfMは、Ver.7.0より単一のバイナリパッケージに日本語含む複数言語リソースが包含されたマルチリンガル版として提供されているため、従来までの「英語版」「日本語版」等の区別がなくなっています(Mac OS X(ホストOS)における言語設定に準じたインターフェイスが提供される事となります)。

posted by Flipper at 05:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | Parallels
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック