2011年07月30日

「DiskWarrior 4」「OS X Lion」間における互換性

Classic Mac OS時代より安定した実績と信頼性等を示しているMac OS Xベースのシステムメンテナンスツール「DiskWarrior(ディスクウォーリア)」ですが、この度米国時間20日付のAlsoftによるサポートニュースを通じて、同メンテナンスツールとAppleによる「OS X Lion」間における互換性の現状等が報告されていますので、当エントリではその内容等を簡単に纏めてみたいと思います。

米国時間20日付にて公開されたサポートニュースによると、「DiskWarrior」は米国時間3月2日付にてリリースされたアップデート相当のVer.4.3において「OS X Lion」に対応するとの事です(旧版(Ver.4.0〜4.2)に対しては、スタートアップメディアを対象としたディスクアップデータ「DiskWarrior 4 Version 4.3 Disc Updater」が提供されていますので、「DiskWarrior 4.3」にアップデートしてから使用するように呼び掛けられています)。

また、同日付にて同梱されているスタートアップメディアが「DVD Revision 1102」から「DVD Revision 1107」にアップデートされており、同リビジョンでは、新たに「iMac(Early 2011、米国時間2011年5月3日リリース)」「MacBook Pro(Early 2011、米国時間2011年2月24日リリース)」の起動に対応しています(スタートアップメディアに含まれるシステムは「CD Revision 41」より「Universal Binary」として提供されているため、システム要件を満たしたIntel/PowerPCベースMacintoshの何れをも起動する事が可能となっています)。

※一部のiMacモデルにおいては、ワイヤレスキーボードによる「C」キーを用いた「DVD Revision 1107」からの起動には非対応となっています(この場合にはワイヤードキーボードを使用するか、或いは「option」キーを通じたスタートアップマネージャを使用)。また、アップデート時における注意事項やシステム要件を含むその他の詳細等がサポートページに示されていますので、(新規に導入される方も含めて)利用される際には事前に確認される事をお勧め致します。

posted by Flipper at 00:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | Software
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック