2011年04月21日

Microsoftより「Hyper-V Server 2008 R2 SP1」がリリース

Microsoftより米国時間12日、同社によるサーバ仮想化ソリューション「Hyper-V Server」のアップデートリリースに相当する「Hyper-V Server 2008 R2 SP1」がリリースされています。 GUIレスなWindows Server「Server Core」に「Hyper-V」のロールを追加した形にて無償提供されているサーバ仮想化ソリューション「Hyper-V Server」ですが、この度米国時間12日付にて同仮想化ソリューションのアップデートリリースに相当する「Hyper-V Server 2008 R2 SP1」がリリースされ、現在Microsoftによる公式ダウンロードページを通じてisoイメージが入手可能となっています(iso 約1568.8MB)。

この度リリースされた「Hyper-V Server 2008 R2 SP1」では、仮想マシンに対して動的なメモリ割り当てを可能とする「Dynamics Memory」機能(仮想マシン起動時におけるメモリ容量(スタートアップRAM)と最大メモリ容量(最大RAM)を各々指定し、最大値までの範囲内にて動的にRAM容量を増減可能)、及び仮想デスクトップ環境に向けた拡張機能「RemoteFX」等が新たに実装されており、「RemoteFX」では、VDI環境でDirectXをサポートする「RemoteFX 3D Video Adapter」、クライアントコンピュータに接続されているUSBデバイスを仮想デスクトップインスタンスに対してリダイレクト可能な「RemoteFX USB」等が利用可能となっています。

タグ:microsoft Hyper-V
posted by Flipper at 17:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | Microsoft
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック