2011年03月10日

Googleより「Google Chrome 10.0.648.127(Stable)」がリリース、「Crankshaft」を実装 etc...

Googleより米国時間8日、Stableチャンネルを通じて、同社によるWebブラウザ「Google Chrome」の最新安定版に相当する「Google Chrome 10.0.648.127」がリリースされ、新たにコンパイル機構「Crankshaft」の実装等が行われています(Mac OS X、Windows、Linux版、及びChrome Frameがリリースされています)。 積極的なリリーススケジュールや独創的なコンセプトの創出等により、Net Applications等によって調査されているマーケットシェアにおいて力強い成長を継続しているWebブラウザ「Google Chrome」ですが、この度米国時間8日付にて同Webブラウザの最新安定版に相当する「Google Chrome 10.0.648.127(Stable)」がリリースされ、現在Stableチャンネルを通じてMac OS X、Windows、Linuxを対象としたバイナリパッケージ、及びIEプラグインの「Chrome Frame」が入手可能となっています(Mac OS X版:約33.9MB。これまでにStable/Betaチャンネルを通じて提供されていたビルドに対しては、自動更新経由でのプッシュも行われています)。

この度リリースされた「Google Chrome 10.0.648.127(Stable)」における主な特徴として以下の項目等が示されています(Ver.9.0.597.107からの主な変更点となります)。
  • JavaScriptエンジン「V8」に対して、Adaptive Compiling(アダプティブコンパイリング)を採用するコンパイル機構「Crankshaft」を実装(V8 3.0.12.30)。実行頻度の高い処理を最適化する事により、スタートアップ、及びピークタイムのパフォーマンスを大幅に改善(公式ブログでは「V8 Benchmark Suite」におけるベンチマーク結果として、旧版比にて約66%のパフォーマンス向上が報告されています)
  • プリファレンスパネルのリデザイン。従来まで独立したウインドウとして構成されていた環境設定パネルが、インコンテンツUIとしてタブ内に表示されるべくした変更を適用。各セクションに対して個別のURLが割り当てられた他、検索ボックスを通じた設定項目の検索にも対応)。
  • セキュリティ関連の改善。新たにマルウェアレポート機能を実装
  • 更新が滞っている等、セキュリティリスクを抱えるプラグインがデフォルトにて無効化されるべくした措置を適用
  • Windows版(「Windows Vista」以降)における「Adobe Flash」プラグインを対象として、独立したプロセスとして隔離実行可能なサンドボックスモデルを採用
  • 同期機能の改善。ログインパスワードの同期をデフォルトにて有効化
  • GPUによるハードウェアアクセラレーションを活用したビデオ再生に対応。CPU使用率の低減等に貢献
  • And many others...
※一連のテストリリースにおける成果が安定版にマージされる形となっており、先のBeta版からは主としてセキュリティ関連の修正等が行われています。

その他にも「Google Chrome」関連では、米国時間8日付にてVer.11.0.696.0がDevチャンネルを通じてリリースされており、同バージョンではMac OS X版においてクラウドプリントコネクタのインターフェイスが有効化された他、JavaScriptエンジン「V8」のアップデート(V8 3.2.0.1)等が行われています(現時点においてMac OS X版は「Mac OS X 10.5.6(Intel)」以降が対象となります)。

タグ:google CHROME
posted by Flipper at 17:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | Google
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック