2006年05月19日

CSS Nite Vol.8:target属性の是非とLightbox

Apple Store Ginzaにおいて、毎月第3木曜日に開催されているマンスリーイベント「CSS Nite」の8回目が開催されました。 今回からはApple Store,Ginzaにおける消防法の問題等も含め、180名前後での入場制限がかかっていましたが、イベント開始時には既に定員オーバーという相変わらずの盛況ぶり。改めて集客力の高さを再認識しましたが、今回はスタッフの方の手際良い誘導等も手伝って、スムーズな入場体制が実現されていたようです。

イベントの方は、第1部がビジネスアーキテクツの森田雄氏による「ビジネス・アーキテクツのCSSデザイン ─コンポーネント管理のフレームワーク─」と題したプレゼンテーションで、ビジネス・アーキテクツによる自社のビジネススタンスやフレームワークをCSSという切り口から事例紹介等を交えて解説。
  • 「Component design conjuction with visual desigh」→マネジメントが難しく工数もかかるが、理想的なスタイルである
  • コンポーネント管理のフレームワークはシステマチックに運用されていなくても、チームとしての共通認識が構築されていれば有効活用する事が可能
といった項目が印象的で、あらゆる局面においてシステム化が求められている現代においても、やはり根本にあるのはそこなのか、と改めて認識。常にクオリティを追求されている誇り高き姿勢に非常に共感しました。

イベント開始前には「緊張して上手く話せないかも知れない」といった事も仰っていましたが、なかなかどうして。非常に話し上手というか、独特の間合いが絶妙な雰囲気を醸し出していて、話を聞いているだけでもとても心地良い印象を受けました。

第2部では主催者でもある株式会社スイッチの鷹野雅弘氏による「target属性の是非とLightbox」と題したプレゼンテーションが催され、「target="_blank"」は必要か?といった問い掛けから、新規ウインドウのメリット、デメリット、更には「Lightbox」の亜流を含めた事例紹介や活用法等の解説と、限られた時間の中で様々なノウハウが凝縮。以下のテキストリンクにLightboxのサンプルを示しますので、よろしければクリックしてみて下さい(表示される画像に特別な意味はありません)。 尚、次回も今回と同様の入場方法と入場制限が設けられるとの事ですが、個人的には今回のスムーズな流れは非常に好印象でした。関係者の方々の御尽力に敬意を表したいと思います。

【関連Link】
タグ:CSS Nite
posted by Flipper at 01:19 | Comment(0) | TrackBack(3) | Event/Seminar
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

CSS Nite vol.8ゲスト 森田雄氏
Excerpt:  夕方の6時前に会社を飛び出し、アップルストア銀座へ。今夜は楽しみにしている月...
Weblog: モカの腹
Tracked: 2006-05-19 12:58

レポート:CSSnite Vol.8
Excerpt: CSSnite Vol.8 が昨夜行われました。 私は2ヶ月ぶりです・・・すみま...
Weblog: KOMOREBI || blog
Tracked: 2006-05-19 16:24

[ CSS Nite&Fite ] ビジネス・アーキテクツ、雄(ゆう)さんの話を聴く。
Excerpt: 町のWeb屋も、世界を目指す。たとえひとり制作であっても、共同制作をいつも意識しながら、必要と思われる資料はすべて作成し、クライアントと情報を共有し、オンリーワンを目指す。だから雄さんのお話は町のWe..
Weblog: 渡辺ギーチ( Ghichi )
Tracked: 2006-05-20 00:04