2010年06月19日

Operaより「Opera 10.60 Beta」がリリース

Opera Softwareより諾国時間16日、開発過程にある同社による次世代Webブラウザ「Opera 10.60」の最新Beta版に相当する「Opera 10.60 Beta」がリリースされています。

「地球最速」と銘打ったデスクトップブラウザやiOSを対象とした「Opera Mini」のリリース等で勢いを増しているOperaですが、この度諾国時間16日付にて開発過程にあるデスクトップブラウザの次世代版「Opera 10.60」の最新Beta版(パブリックベータ)に相当する「Opera 10.60 Beta」がリリースされ、現在Opera Softwareによる公式ダウンロードページを通じてMac OS X、Windows、Linuxを対象としたバイナリパッケージが入手可能となっています(Mac OS X版:約24.6MB)。

この度リリースされた「Opera 10.60」における主な特徴として以下の項目等が示されています(Ver.10.53(現行GA版)からの主な変更点となります)。
  • 更なるパフォーマンス向上を実現。旧版との比較にて約50%高速に動作
  • 「HTML5」サポートの改善。W3Cによる位置情報取得規格「W3C Geolocation Specification(Geolocation API)」、JavaScript演算処理をバックグラウンドにて実行可能な「Worker Threads(Web Workers)」、オフラインアプリケーションに向けたデータストレージ「AppCache」等に対応
  • Google等によって提唱、推進等が行われているオープンメディアフォーマット「WebM」に対応
  • より効率的な検索作業を支援するサーチサジェストに対応。スピードダイアル、及びサーチボックスにおいて、セレクトされたパートナーを対象としたサーチサジェストを導入(この度リリースされたBeta版ではWikipediaサーチを試用可能)
  • ビジュアル、ルックアンドフィールの改善。スピードダイアル、タブプレビュー、及び主要なメニューを集約したプルダウンメニュー(Operaメニューボタン)等を新たなグラフィックにて改善
  • And many others...
尚、何れのプラットフォームを対象とした版も(現時点では)日本語ローカライズは完了しておらず、Linux版は日本語入力にも非対応と伝えられています。

タグ:Opera
posted by Flipper at 20:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | Software
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック