2009年11月21日

Appleより「Boot Camp Drivers Update 2.2 for Windows」がリリース

Appleより米国時間19日、同社によるデュアルブート支援ツール「Boot Camp」の最新ドライバアップデートに相当する「Boot Camp Drivers Update 2.2 for Windows」がリリースされています。

米国時間10月22日付のナレッジベースドキュメント等を通じて、「Windows 7」に対する対応予定等も告知されている、Apple純正デュアルブート支援ツール「Boot Camp」に、米国時間19日付にて最新ドライバアップデートに相当する「Boot Camp Drivers Update 2.2 for Windows」がリリース。現在Appleによる公式ダウンロードページを通じて、Windowsを対象としたアップデータが入手可能となっています(exe 約23.9MB)。

この度リリースされた「Boot Camp Drivers Update 2.2 for Windows」では、トラックパッドに関連した問題の修正、及びラップトップコンピュータにおけるデジタルオーディオポートのLEDランプ(赤)が(使用されていない状況下において)適切にオフとなるべくした措置等が行われている他、Appleによる「Magic Mouse」、及びワイヤレスキーボードに対するサポート等が含まれていると伝えられています。

主なシステム要件として、「Boot Camp」パーティションにインストールされたWindows Vista Service Pack 2/XPが示されており、何れも米国時間2008年4月24日付にてリリースされたVer. 2.1が事前にインストールされている必要があると伝えられています。

posted by Flipper at 01:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | Apple
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック