2009年04月27日

Microsoft、「Windows 7」上にXP互換環境を構築する「Windows XP Mode」を提供へ

Microsoftより米国時間24日、Windows for your Business(公式ブログ)を通じて、開発過程にある次世代オペレーティングシステム「Windows 7」上に「Windows XP」互換環境を構築する「Windows XP Mode」のサポート予定等が発表されています。 Microsoftによる次世代オペレーティングシステムとして新たにRelease Candidate版の公開予定等も伝えられている「Windows 7」ですが、この度米国時間24日付のWindows for your Business(公式ブログ)を通じて、同オペレーティングシステム上に「Windows XP」互換環境を構築する「Windows XP Mode」のサポート予定等が発表されています。

「Virtual PC」ベースの仮想化プラットフォームに構築される「Windows XP Mode」は、特にスモールビジネス層における「Windows 7」への移行支援等を主目的としたXP互換環境として位置付けられており、同環境にインストールされたアプリケーションは、自らのウインドウを「Windows 7」におけるデスクトップに直接表示させる事が可能になると伝えられています(Parallelsによる「Coherence(コヒーレンス)」、VMwareによる「Unity(ユニティ)」、VirtualBoxによる「Seamless(シームレス)」、或いはMac OS X for PowerPCにおけるClassic環境のようなインターフェイスが利用可能となるようです)。

その他にも当該エントリでは、Windows 7 Ultimate/Professionalに向けた「Windows XP Mode」「Windows Virtual PC」各Beta版のリリース予定等も併せて発表されています。

posted by Flipper at 20:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | Microsoft
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/118184131
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック