Ubuntuより「Ubuntu 9.04 Beta」がリリース

Canonical支援のUbuntu Foundationより英国時間26日、開発過程にある同団体による次世代Linuxディストリビューション「Ubuntu 9.04(Jaunty Jackalope)」の最新Beta版に相当する「Ubuntu 9.04 Beta」がリリースされています。 コードネーム「Jaunty Jackalope」として昨年11月下旬よりテストリリースが開始されている次世代Linuxディストリビューション「Ubuntu 9.04」に、英国時間26日付にて最新Beta版に相当する「Ubuntu 9.04 Beta」がリリース。現在Ubuntu Foundationによる公式ダウンロードページを通じてIntel x86(i386)、AMD64/EM64Tを対象とした「Desktop CD」「Server install CD」「Alternate install CD」等が各々入手可能となっています(Intel x86(i386)Desktop CD:約697MB。インストールCDがそのままLive CDとして利用可能となっています)。

この度リリースされた「Ubuntu 9.04 Beta」では、Linuxカーネルに「Linux Kernel 2.6.28-11.37」、X.Org Serverに「X.Org Server 1.6」が各々実装されている他、デスクトップ環境には「GNOME 2.26」が採用されています。また、デスクトップ環境、パッケージ構成等の異なる派生ディストリビューションとして、
  • KDEベースの「Kubuntu(Kubuntu 9.04 Beta)」
  • Xfceベースの「Xubuntu(Xubuntu 9.04 Beta)」
  • ネットブック等に向けて最適化された「Ubuntu Netbook Remix(Ubuntu 9.04 Beta Netbook Remix)」「Ubuntu MID Edition(Ubuntu 9.04 Beta MID Edition)」
  • 教育、学術機関等を対象としたアドオンパッケージ「Ubuntu Education Edition(Ubuntu 9.04 Beta Education Edition)」
  • マルチメディア、グラフィックス関連等を強化したメタパッケージ「Ubuntu Studio(Ubuntu Studio 9.04 Beta)」
  • 「MythTV」の利用に特化した「Mythbuntu(Mythbuntu 9.04 Beta)」
  • ARMアーキテクチャを対象とした「Ubuntu ARM(Ubuntu ARM 9.04 Beta)」
等も併せて公開されています。

尚、「Ubuntu 9.04」は来月下旬に正式リリースが予定されています(6ヶ月サイクルでアップデートが行われる「Ubuntu」のバージョンナンバには、リリース時の年、月が付与される形式となっており、「Jaunty Jackalope」は2009年4月に正式リリースが予定されているためVer.9.04となります)。また、2009年10月リリース予定とされる「Ubuntu 9.10」のコードネームには「Karmic Koala」が予定されています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック