2008年07月01日

Appleより「Mac OS X 10.5.4」がリリース

Appleより米国時間6月30日、同社による現行オペレーティングシステム「Mac OS X 10.5 Leopard」のアップデートリリースに相当する「Mac OS X 10.5.4 Build 9E17」がリリースされています。 Appleによる現行オペレーティングシステム「Mac OS X 10.5 Leopard」を対象としたアップデートリリースとして6月上旬より開発状況等が囁かれ始めていた「Mac OS X 10.5.4」。一部海外メディア等を通じて相次ぐプレリリースビルドの配布等も伝えられていましたが、この度米国時間6月30日付にて同オペレーティングシステムのGA版に相当する「Mac OS X 10.5.4 Build 9E17」がリリースされ、現在Appleによる公式ダウンロードページ、及び「Software Update」を通じて適用環境に応じたアップデータ2種が入手可能となっています(Delta:約88MB)。

この度リリースされた「Mac OS X 10.5.4」における主な変更点として以下の項目等が示されています。
  • 「Adobe Creative Suite 3」にて作成されたファイルをリモートサーバに保存した際(或いは開いた際)等に発生し得た問題を解決
  • 幾つかのカメラに対するRAWイメージサポートの追加を包含
  • 「X11」アプリケーションのインストールが適切に行われないケースが確認されていた問題を解決
  • 「L2TP(Layer 2 Tunneling Protocol)」VPNクライアントの信頼性を改善
  • 5GHz帯ネットワーク利用時における「AirPort(日本名:AirMac)」の信頼性を改善
  • 「AirPort」利用時に「Logic Studio」「MainStage」のパフォーマンスが低下するケースが確認されていた問題を解決
  • セキュアなWebページをロードした際の「Safari」における潜在的なパフォーマンス関連の問題を解決
  • スマートカードに記録されているクライアント証明書を用いてセキュアなWebページにアクセスした際に発生し得た問題を解決
  • And many others...
同梱されているセキュリティアップデート(Mac OS X 10.5.4)にはCVE(Common Vulnerabilities and Exposures)による分類にて13件の修正項目が示されており、リモートアッタカによって不慮のアプリケーションの終了、或いは任意のコードの実行等が引き起こされ得たとされる脆弱性(SMB File Server:CVE-2008-1105)の修正等が行われていると伝えられています(「Mac OS X 10.4.11」に対しては別途「Security Update 2008-004」が提供されています)。また、「Mac OS X 10.5.4」には「Safari 3.1.2 for Leopard」が同梱されています(「Mac OS X 10.4.11」に対しては別途「Safari 3.1.2 for Tiger」が提供されています)。

posted by Flipper at 18:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mac OS X
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック